カー・アンド・ドライバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カー・アンド・ドライバーCar and Driver)は、アメリカ合衆国自動車雑誌。編集拠点はミシガン州アナーバーオーナーフランス出版社アシェット・フィリパッキ・メディアである。

提携により、同名の自動車雑誌が日本でも発行されている。

概要[編集]

1955年に創刊。年間の発行部数は約130万部である。[1]。編集方針はアメリカ車に対して批判的であると言われることがある。1983年以降、一般的な市販車を対象とした「10ベスト・カー」を毎年選出している。 →en:Car and Driver Ten Best

本誌のオーナーであるアシェット・フィリパッキ・メディアは、同じくアメリカの主要自動車雑誌であるRoad & Track誌も所有している。

カー・アンド・ドライバー 日本版[編集]

シティ出版が編集し、ダイヤモンド社が発行している自動車雑誌。1990年代中頃までは「日本版」の文字があったが、現在はなくなっている(ただし、新車紹介時のナンバープレートには「JAPAN EDITION」の文字が見られる)。

上述のアメリカ版との提携により、1978年9月創刊。

1983年より月2回発行(10日、26日発売)。中心読者層は20代男性で、発行部数は公称25万部[2]。 2009年9月26日発売の10月26日・11月10日合併号より、毎月26日発売の月刊誌へ戻る。

内容は新車の速報・試乗記、懐かしの名車の特集(旧車カタログの縮刷版も折り込まれる)、自動車関連ニュースなど。読者参加コーナーとして イラストやメッセージを掲載した「ズバリひと事」、クルマオーナーが投稿する「不満と満足」、年に一度読者投稿によって決定される「好きなクルマ(・)きらいなクルマ」等。また、全国のオーナーズクラブを紹介した「CAR クラブガイド I(ラブ)CARS」がある。

特徴として、日本車・輸入車の区別をあまりせず、満遍なく紹介している。他紙でよく見られる新車スクープ記事もほとんどない。また、表紙は自動車のイラスト(現在はほぼ岡本三紀夫が担当)で、カバーガールは目次ページに登場し、アイドルレースクイーンだけでなく女性声優も登場することがある。

ほぼ創刊時が同時だったダイヤモンド社の「FM STATION」(現在は休刊)とは兄弟誌という位置づけで、表紙・記事レイアウトデザインに関連 を持たせるだけでは無く、連動記事や、表紙イラストをアレンジしたオーディオカセットレーベルが付いていた時期があった。

主な執筆者陣[編集]

外部サイト[編集]