ジョン・ケアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ジョン・ケアー
John Kerr
Figure skating pictogram.svg
European 2011 Sinead KERR John KERR.jpg
2011年欧州選手権でのケアー姉弟
基本情報
代表国: イギリスの旗 イギリス
生年月日: 1980年6月2日(34歳)
出生地: ダンディー
身長: 174 cm
パートナー: シネイド・ケアー
元パートナー: アンナ・シレット
元コーチ: エフゲニー・プラトフ
マイア・ウソワ
ジョアン・スレイター
元振付師: エフゲニー・プラトフ
ロバート・ロイストン
タチアナ・ドルチニナ
ピーター・チェルニシェフ
クリストファー・ディーン
所属クラブ: マレイフィールドISC
引退: 2011年3月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 186.94 2008 世界選手権
コンパルソリーダンス: 37.56 2010 世界選手権
オリジナルダンス: 60.13 2009 世界選手権
フリーダンス: 93.60 2008 世界選手権

ジョン・アレステア・ケアー英語: John Alastair Kerr1980年6月2日)はスコットランド出身の男性アイスダンス選手兼俳優。パートナーは姉のシネイド・ケアー。2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックアイスダンスイギリス代表、2009年2011年ヨーロッパ選手権3位。

日本語表記[編集]

2006年スケートアメリカでのケアー姉弟

日本では「ジョン・カー」と表記・呼称されることも多いが[1]、本項ではより本来の発音に近い「ケアー」の表記を用いる。

人物[編集]

俳優としても活動し、スコットランドのサッカー選手であったアリー・マッコイスト役としてテレビシリーズに出演した。2013年4月にアゼルバイジャン代表として活躍した元アイスダンサーのナディーン・アハメドと婚約。[2]2014年6月21日、スコットランドで挙式を行い、ライアン・ブラッドレイがベストマンの一人を務めた。[3]

経歴[編集]

スコットランドのブロックスバーンで生まれ、8歳のころにスケートを始めた。ジュニア時代にはアンナ・サイレットとカップルを結成し、イギリス選手権のジュニアクラスなどに出場していたが解散、2000年に実姉のシネイド・ケアーとカップルを結成した。

シニード・カーとカップル結成後にシニアクラスに移行し、2003-2004シーズンからISUグランプリシリーズに参戦、イギリス選手権では初優勝を飾った。初出場の2004年欧州選手権では10位、同じく初出場の2004年世界選手権では14位となった。

トリノオリンピックを控えた2005-2006シーズン、イギリス選手権で3連覇を果たしトリノオリンピックに出場。オリンピックではコンパルソリーダンスオリジナルダンスで11位、フリーダンスでは13位となり総合10位に終わった。

2006-2007シーズンよりコーチをエフゲニー・プラトフに変え、迎えたネーベルホルン杯で国際大会初優勝を飾った。2007-2008シーズンのオリジナルダンスでは出身のスコットランドの民族衣装キルトを着用しての演技を行った。国際スケート連盟のルールでは男子選手は長ズボンの着用が義務付けられているが、許可を得て演技を行った。

2008-2009シーズン、スケートアメリカで3位となり、グランプリシリーズで初のメダルを獲得した。エリック・ボンパール杯でも3位で、シリーズ最高の成績を収めた。イギリス選手権では6連覇を果たし、欧州選手権では初めての表彰台に立った。イギリスの選手が欧州選手権でメダルを獲得したのは1994年のジェーン・トービル/クリストファー・ディーン組以来15年ぶりとなる。

2009-2010シーズン、初めてグランプリファイナルに進出し4位。バンクーバーオリンピックでは8位、世界選手権では過去最高の5位。

2010-2011シーズン、スケートカナダでは2位。ロステレコム杯は肩の怪我のために欠場した。[4]欧州選手権では2度目の銅メダルを獲得。2011年3月29日、肩の怪我により世界選手権の欠場を発表。[5]翌月、競技からの引退を発表した。[6]

引退後はショースケーターとして活躍、地元イギリスで行われた2012年欧州選手権にはアンバサダーとして登場。スターズ・オン・アイス等のアイスショーにも出演している。2012年にはテレビドラマGleeシーズン4の第10話に、キンバリー・ナバーロ/ブレント・ボメントレ組とともに、スケーターとして出演した。[7]コーチや振付師もしており、ガリト・チャイトと共に仕事をしている。

主な戦績[編集]

大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11
オリンピック 10 8
世界選手権 14 12 11 11 8 7 5
欧州選手権 10 8 8 5 6 3 5 3
イギリス選手権 2 3 2 1 1 1 1 1 1 1
GPファイナル 4
GPスケートカナダ 7 2
GPエリック杯 3 3
GPNHK杯 4 2
GPスケートアメリカ 5 5 3
GP中国杯 5
GPロシア杯 9 5 4
フィンランディア杯 1 1
ネーベルホルン杯 7 4 1
シェーファー記念 2
ゴールデンスピン 6
ネペラ記念 4

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 3
62.87
3
94.62
3
157.49
2010年10月29日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキングストン 1
62.96
3
86.84
2
149.80


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2010年3月23日-26日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 6
37.56
5
58.23
5
93.32
5
189.11
2010年2月19日-22日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 8
37.02
8
56.76
9
92.23
8
186.01
2010年1月19日-22日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 4
36.76
5
57.05
5
90.24
5
184.05
2009年12月3日-4日 2009/2010 ISUグランプリファイナル東京 - 4
56.47
4
88.86
4
145.33
2009年11月26日-28日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
37.59
1
59.51
1
93.04
1
190.14
2009年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 2
35.04
2
56.53
2
86.16
2
177.73
2009年10月16日-17日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
36.13
3
54.73
3
86.25
3
177.11
2009年10月9日-11日 2009年フィンランディア杯ヴァンター 1
34.11
1
52.72
1
86.31
1
173.14


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2009年3月24日-27日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 8
35.30
7
60.13
7
90.64
7
186.07
2009年1月20日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 3
34.89
3
57.71
3
92.60
3
185.20
2009年1月11日-16日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッティンガム 1
28.03
1
58.46
1
86.03
1
172.52
2008年11月14日-16日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
32.32
2
55.52
3
89.12
3
176.96
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 3
34.37
2
57.74
4
88.09
3
180.20
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 1
34.54
1
56.6
1
94.81
1
185.95


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 8
33.48
8
59.86
8
93.60
8
186.94
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 6
33.55
5
58.54
6
89.97
6
182.06
2008年1月7日-12日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
31.61
1
56.95
1
80.70
1
169.26
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 4
31.79
4
54.47
4
86.11
4
172.37
2007年11月8日-11日 ISUグランプリシリーズ 中国杯ハルビン 5
29.52
5
48.93
6
74.54
5
152.99


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 8
32.09
11
51.51
12
83.54
11
167.14
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 6
33.44
6
51.32
5
87.14
5
171.90
2007年1月9日-13日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッティンガム 1
34.24
1
57.13
1
93.12
1
184.49
2006年11月23日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
32.25
4
51.88
4
84.40
4
168.53
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 4
30.98
5
50.06
5
79.05
5
160.09
2006年9月29日-10月1日 2006年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 1
31.89
2
51.65
1
82.66
1
166.20


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 12
30.02
11
51.32
9
86.49
11
167.83
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 11
31.58
11
50.28
13
85.57
10
167.43
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 8
31.96
9
51.00
7
84.23
8
167.19
2005年11月29日-12月3日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッティンガム 1
32.25
1
56.57
1
78.86
1
167.68
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ 7
25.47
6
45.16
7
72.09
7
142.72


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 12
32.63
11
50.71
13
86.74
12
170.08
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ 8
32.97
9
48.82
8
85.25
8
167.04
2005年12月1日-4日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッティンガム 1 1 1 1
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 5
30.75
5
48.85
6
86.53
5
166.13
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ 5
31.89
5
43.14
5
81.53
5
156.56


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 8 14 14 14
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 12 10 10 10
2003年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 11
27.61
8
45.56
9
75.26
9
148.43
2003年11月15日-19日 2003年カールシェーファーメモリアルウィーン 6 2 2 2
2003年9月3日-6日 2003年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7
28.02
2
44.33
3
81.03
4
153.38


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2002年11月6日-10日 2002年ゴールデンスピンザグレブ 8 8 5 6
2002年9月4日-7日 2002年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7 7 7 7


プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD EX
2010-2011 ワルツ:At Last
ボーカル:エタ・ジェイムズ
クイックステップ:Shut Up and Let Me Go
ボーカル:ザ・ティン・ティンズ
エクソジェネシス:交響曲第3部(あがない)
作曲:ミューズ
A Beautiful Mine
曲:RJD2
シーズン OD FD EX
2009-2010 I've Been Everywhere
ボーカル:ジョニー・キャッシュ
Krwlng
曲:リンキン・パーク
Now we are free 映画『グラディエーター』より
作曲:ハンス・ジマーリサ・ジェラルド
エクソジェネシス:交響曲第3部(あがない)
作曲:ミューズ
2008-2009 リンディホップ:The Boogie Bumper
by Big Bad Voodoo Daddy
ウェストコーストスウィング:Minnie The Moocher
by キャブ・キャロウェイ、アービング・ミルズ
ルールド・バイ・シークレシー
曲:ミューズ
スコットランド民謡
Erin Shore
オールド・ラング・サイン
2007-2008 スコットランド民謡
Erin Shore
オールド・ラング・サイン
The Landing
Turn Around
Gravity of Love
作曲:エニグマ
ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー
作曲:U2
2006-2007 ブエノスアイレスの夏
リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
映画『ラスト・オブ・モヒカン』より
作曲:トレヴァー・ジョーンズ

脚注[編集]

  1. ^ 例えば2009年のNHK杯場内アナウンスは英語・日本語とも「ケアー」と発音。一方、NHKによる実況中継は「カー」と発音。
  2. ^ The Inside Edge: Settlage's new art, Kerr's heart
  3. ^ The Inside Edge: Choreographers take spotlight
  4. ^ Pechalat and Bourzat grab lead in the Short Dance at Euros
  5. ^ Ice dancing siblings forced to hang up their skates
  6. ^ John and Sinead Kerr to retire from competitive skating
  7. ^ The Inside Edge: ITNY skaters filled with 'Glee'
[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]