ジャン・マクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・マクーン Football pictogram.svg
Makoun2012.JPG
名前
本名 Jean II Makoun
ジャン・ドゥ・マクーン
ラテン文字 Jean Makoun
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 1983年5月29日(30歳)
出身地 カメルーンの旗 ヤウンデ
身長 173cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 スタッド・レンヌ
ポジション MF (DH)
背番号 15
利き足
ユース
1997-1999
2000
2001
2001-2002
カメルーンの旗 コトンスポール・ガルア
カメルーンの旗 ジュネス・スター
カメルーンの旗 トネール・ヤウンデ
フランスの旗 リール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2008
2008-2011.1
2011.1-
2011-2012
2012-
フランスの旗 リール
フランスの旗 リヨン
イングランドの旗 アストン・ヴィラ
ギリシャの旗 オリンピアコス (loan)
フランスの旗 レンヌ (loan)
165 (9)
76 (8)
9 (0)
23 (2)
11 (1)
代表歴2
2003- カメルーンの旗 カメルーン 65 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年3月22日現在。
2. 2013年11月17日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジャン・ドゥ・マクーンJean II Makoun, 1983年5月29日 - )は、カメルーンヤウンデ出身の同国代表サッカー選手リーグ・アンスタッド・レンヌ所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

母国カメルーンコトンスポール・ガルア, ジュネス・スター, トネール・ヤウンデの下部組織を渡り歩き、1999年にギニアコナクリで開催されたアフリカ U-17選手権に参加した際に注目を集め、元カメルーン代表ジョセフ=アントワーヌ・ベルフランスでその力を試してみるべきとの提案を受けたことでヨーロッパへ渡り[1]フランス1部LOSCリール・メトロポールと契約した。リールでは2002年11月2日のSCバスティア戦でデビュー以降6シーズンに渡り攻守の要を担い、レギュラーとしてリーグ戦で150試合以上に出場し、特にクロード・ピュエル監督率いたUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07では、グループリーグで強豪ACミランを破る等し、クラブ史上初の決勝トーナメント進出に貢献する[2]パフォーマンスからASモナコ, オリンピック・マルセイユ, オリンピック・リヨンと国内の強豪のみならず、イングランドアーセナルFC, トッテナム・ホットスパーFCイタリアユヴェントスFCといった国外のクラブも関心を寄せた[3]

リヨン[編集]

2008年6月16日、移籍金1400万ユーロ+インセンティブ100万ユーロの4年契約でリーグ戦7連覇の王者オリンピック・リヨンに加入[4]。背番号は、同郷のマルク・ヴィヴィアン・フォエFIFAコンフェデレーションズカップ2003において逝去してから欠番となっていた"17"を背負うことになった[5]。開幕戦のトゥールーズFC戦で初得点を挙げると、OGCニース戦で2得点, 次のル・アーブルAC戦で2アシストを決め、一方UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09ではグループステージのACFフィオレンティーナ戦(2-1), ベスト16第2戦のFCバルセロナ戦(2-5)など8試合2得点を挙るなど1シーズン目は、マクーンと共にリールから移籍したピュエル監督の下でジュニーニョ・ペルナンブカーノ, ジェレミー・トゥラランと3センターを形成し活躍した。

リヨンのトレーニングでミシェウ・バストス, ジミー・ブリアンと共にジョギングするマクーン (一番右)

2シーズン目も定期的にプレーし、2009年11月8日に行われたマルセイユとのショック・ドゥ・オランピック(5-5)でリサンドロ・ロペスの得点をアシストした。2月7日のトゥールーズ戦(0-0)で累積警告により退場するミスを犯したが、2010年2月16日にスタッド・ジェルランで行われたUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10ベスト16のレアル・マドリード戦で47分に25ヤードもの長距離から相手GKイケル・カシージャスの頭上を越すループシュートを放ち、ゴール上隅に決めた[6]。これが決勝点となり第1戦を1-0で勝利すると、第2戦を1-1の引き分けに持ち込みベスト8に進出した。このシーズンのリヨンは、チームの象徴ともいえるジュニーニョとエースのカリム・ベンゼマが抜けたことで不振に陥り、サポーター達の槍玉に上がる厳しい状態だったが、この活躍でその声を一蹴した。しかし、昨シーズンに続き、このシーズンも無冠に終わったことでサポーターの不満が再燃したことで移籍を望んだ[7]

最終的に残留を決意し3シーズン目を迎えるも、太腿を負傷したことでレギュラーの座を明け渡し[8]、また、ピュエル監督と共に移籍したことで優遇されていると昨シーズンから続いてきたサポーターとの関係は悪化する[9]など今まで以上に困難なものとなり、再び移籍する可能性があることを表明した[10]

アストン・ヴィラ[編集]

2011年1月13日にプレミアリーグのアストン・ヴィラFCと移籍について交渉するためにイングランドへ旅立ち、それから2日後の1月15日に移籍金600万ポンド(約7億9000万円)・3年半の契約でジェラール・ウリエ監督率いる同クラブに加入することが発表[11]され、1月21日に国際移籍証明書と労働許可証が発行された。また、背番号はムスタファ・サリフが着用していた17を引き継ぐことになった。ウリエ監督は、この契約はチームにとって貴重な補強になるだろうと語った[12]

1月25日のアウェー・DWスタジアムウィガン・アスレティックFC戦(2-1)でデビューし、2月25日のブラックプールFC戦でDJ・キャンベルにダックルを仕掛て退場処分となった[13]。試合後に3試合の出場停止が言い渡されると、その長さにショックを受けたと語った[14]。3月19日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦(0-0)で復帰した。

シーズン終了後にウリエ監督が体調不良を理由に退任し、アレックス・マクリーシュ監督が就任すると構想外となり[15]新シーズンでは、開幕戦の出番はなく、8月23日に行われたフットボールリーグカップヘレフォード・ユナイテッドFC戦(2-0)だけと苦しいものとなった。

オリンピアコス (ローン)[編集]

リールでのマクーン

2011年8月30日、レンタル金額150万ドル, 400万ドルの買取りオプション付き[16]ギリシャの強豪オリンピアコスFCにシーズン終了までの期限で貸し出された[17]。9月13日のUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12・マルセイユ戦(0-1)で67分にダビド・フステルと交代で移籍後初出場[18]し、それから5日後のスコンダ・クサンシFC英語版戦(2-1)で69分から途中出場の形でリーグデビューをした。アウェーのアリス・テッサロニキFC戦(3-2)で初得点を挙げ、それから2ヶ月後のホーム・パニオニオスGSS英語版戦(2-0)で2得点目を決めた。オリンピアコスでは、19試合2得点と主力の1人としてリーグ優勝に貢献し、シーズン終了後にアストン・ヴィラへ復帰した。

レンヌ (ローン)[編集]

アストン・ヴィラへ復帰するも、ポール・ランバート監督は今シーズンの構想に入ってないと語った[19]ことで、2012年8月15日にスタッド・レンヌへ貸し出されることが発表された[20]。9月16日のFCロリアン戦(1-2)で90分フル出場でデビューし、10月20日の前年王者モンペリエHSC戦(2-1)で初得点を挙げた。移籍すぐさまレギュラーを掴み、5試合1得点と活躍するマクーンにフレデリック・アントネッティ監督は"彼のような経験豊富な選手は、若い選手が集まるチームにとって大きな助けになる"とパフォーマスを称賛した[21]

代表[編集]

2003年11月19日の日本戦でカメルーン代表デビュー。アフリカネイションズカップ2004年, 2006年, 2008年と3度に出場。2010 FIFAワールドカップで全試合でプレーしたが、グループリーグ最下位で敗退した。

所属クラブ[編集]

ギリシャの旗 オリンピアコスFC 2011-2012 (loan)
フランスの旗 スタッド・レンヌ 2012- (loan)

脚注[編集]

外部リンク[編集]