スタッド・ジェルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタッド・ドゥ・ジェルラン
Stade de Gerland
"Le Temple"

Stade-Gerland-RWC2007.JPG

UEFA Nuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.png
施設情報
所在地 353, Avenue Jean-Jaurès,
69007 VIIè Arrondissement,
Lyon, France
位置 座標: 北緯45度43分25.60秒 東経4度49分56.10秒 / 北緯45.7237778度 東経4.8322500度 / 45.7237778; 4.8322500
起工 1914年
開場 1926年
拡張 1960, 1980, 1998
所有者 リヨン市[1]
運用者 オリンピック・リヨン
グラウンド
ピッチサイズ 112 x 65 m
建設費 32.7m € (including renovations)
設計者 トニー・ガルニエ
René Gagis (renovation)
使用チーム、大会
オリンピック・リヨン (リーグ・アン) (1950-present)
1938 FIFAワールドカップ
1954 ラグビーリーグ・ワールドカップ(en)
1972 ラグビーリーグ・ワールドカップ(en)
UEFA欧州選手権1984
1998 FIFAワールドカップ
2007 ラグビーワールドカップ
収容能力
42,591人[2]
アクセス
メトロスタッド・ド・ジェルラン駅

スタッド・ドゥ・ジェルランStade de Gerland)は、フランス, ローヌ=アルプ地域圏, ローヌ県リヨンにあるスタジアム。収容人数は43,051人。リーグ・アン所属のオリンピック・リヨンのホームスタジアムとして使用されている。

老朽化しておりオリンピック・リヨンは2014年を目処に建設中の新スタジアム・スタッド・リュミエール(OLランド)(収容人数約61,000人)にホームを移転する計画である。

歴史[編集]

1913年に着工。設計者はトニー・ガルニエ。一時は第一次世界大戦で中断したが、1920年に完成。1984年のUEFA欧州選手権、1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会や2007年のラグビーワールドカップの会場としても使用された。

2003年に開催されたFIFAコンフェデレーションズカップでは、カメルーン代表のMFマルク・ヴィヴィアン・フォエ選手が試合中に倒れ亡くなる悲劇の舞台にもなっている。

入場者数[編集]

最多入場者数[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Le stade de Gerland, sur espaceol.info
  2. ^ http://www.lyon.fr/vdl/sections/fr/sports_loisirs/stade_gerland

外部リンク[編集]