ジョゼフ=デジレ・ジョブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ=デジレ・ジョブ Football pictogram.svg
名前
愛称 ジョブ
ラテン文字 Joseph-Désiré Job
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
フランスの旗 フランス
生年月日 1977年12月1日(36歳)
出身地 フランスの旗 ローヌ県ヴェニシュー
身長 178cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF / FW (OH / 左WG)
利き足 右足
ユース
1992-1993
1993-1996
フランスの旗 ヴェニシュー
フランスの旗 リヨン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1999
1999-2000
2000-2006
2002
2005-2006
2006-2007
2007-2008
2008-2009
2009
2010-2011
フランスの旗 リヨン
フランスの旗 ランス
イングランドの旗 ミドルズブラ
フランスの旗 メス (loan)
サウジアラビアの旗 アル・イテハド (loan)
フランスの旗 スダン
フランスの旗 ニース
カタールの旗 アル・ハリティヤス
トルコの旗 ディヤルバクルスポル
ベルギーの旗 リールセ
41 (11)
24 0(4)
94 (19)
13 0(2)
28 0(9)
28 (10)
12 0(3)
23 (10)
8 0(0)
10 0(3)
代表歴2
1998-2011 カメルーンの旗 カメルーン 52 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2010年6月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼフ=デジレ・ジョブJoseph-Désiré Job, 1977年12月1日 - )は、フランスローヌ県ヴェニシュー出身のカメルーン代表の元サッカー選手。ポジションは、MF, FW

同じくサッカー選手のジョエル・マティプとその兄マーヴィン・マティプ英語版を従兄弟に持つ[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

リヨンの郊外で生まれたジョブは、10歳の時に地元オリンピック・リヨンの下部組織に入団し、フレデリック・カヌーテらと共にトレーニングを受けた[2]。19歳の時にUEFAインタートトカップ 1997ポーランドオドラ・ヴォジスワフ英語版戦(5-2)でデビューすると、いきなりハットトリックを達成する活躍を見せた。

1999年8月1日にRCランスへ移籍し、UEFAカップ1999-2000で2得点を挙げるなどベスト4進出に貢献した。

ミドルズブラ[編集]

ジョブは、2000年にブライアン・ロブソン監督率いるミドルズブラFCへ移籍金300万ポンドで加入する[3]も、ハミルトン・リカルドアレン・ボクシッチ等からポジションを奪えず、2001年12月にシーズン終了までリーグ・アンFCメスに貸し出された。

メスでは、チームが降格したもののフォームを取り戻し[4]、ミドルズブラ復帰後はレギュラーとしてプレーしていたが、2002年11月30日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦で相手のダレン・ムーア英語版と衝突した際に頭蓋骨が割れピッチ上で意識を失い、離脱を余儀なくされた[5]。また、2003年9月29日の練習中に膝を捻ったことで4ヶ月離脱することが決定し、スティーブ・マクラーレン監督は"エヴァートンFC戦で決勝点を決めるなど、最近好調だっただけに彼が抜けるのは残念で大きな痛手だ"と語った[6]。しかし、キャリアのハイライトはこの怪我明けから程なくしておとずれた。2004年2月29日にカーディフミレニアム・スタジアムで行われたフットボールリーグカップ決勝・ボルトン・ワンダラーズFC戦で開始2分に先制点を挙げるなど2-1の勝利に貢献し、自身そしてチーム初となるタイトルを獲得[7]。また、UEFAカップ2004-05英語版出場権も得た。

そのUEFAカップでは、2004年11月15日にリヴァーサイド・スタジアムでのセルビア・モンテネグロパルチザン・ベオグラード戦(3-0)で得点を決め、ベスト16・ポルトガルスポルティング・リスボン戦でも得点したが敗退した。

一方、リーグ戦では2004-05シーズンに加入したマーク・ヴィドゥカ, ジミー・フロイド・ハッセルバインクの後塵を拝し、さらに翌シーズンになるとヤクブ・アイェグベニが加入し、さらに層が厚くなったことで居場所を失い、2005年8月31日にシーズン終了までサウジアラビアアル・イテハドへ貸し出された[8]。アル・イテハドでは、2005年11月5日にジッダで行われたAFCチャンピオンズリーグ2005決勝第2戦・UAEアル・アインFC戦で得点を決めるなど優勝に貢献した。

ローン終了に伴いミドルズブラとの契約が切れたジョブは、2006-07シーズンのプレーシーズンにワトフォードFCのトレーニングに参加する[9]も契約を勝ち取ることは出来なかった。

その後[編集]

2006年9月16日にリーグ・アンのCSスダン・アルデンヌと1年契約を結び、28試合10得点を記録した。

2007年夏にOGCニースに2年契約で加入。2008年6月22日にサンデー・ミラー紙は、自由移籍でイングランド2部ブラックプールFCと契約すると報じた[10]が、実現せずにアル・ハリティヤスSC英語版に移籍した。

アル・ハリティヤスでは、加入した2008-09シーズンにチームは最下位に終わるも、翌シーズンからチーム数が増加するため降格を逃れた。2009年7月にレフスキ・ソフィアと接触するも移籍することは叶わず[11]ディヤルバクルスポル英語版と契約した。

2010年3月15日に自由移籍でリールセSKに加入[12]。ホームで行われたKVトゥルンハウト英語版戦で1点のビハインドを追いかける中、途中出場の形でデビューすると2得点1アシストと全ての得点に絡む活躍を見せ、3-1の逆転勝利に大きく貢献した。また、バースラント・ベーフェレン英語版戦(2-0)でも得点を挙げ、最終的にチームはベルギー・セカンドディビジョン英語版優勝を果たした。2010年6月21日に契約を2年延長した[13]が、2011年8月31日に同胞のルドルフ・ドゥアラと共に退団した[14]

代表[編集]

フランスで生まれたジョブは、フランス代表としてプレーすることを望んでいたものの、父の助言もありカメルーン代表からの招集を受け入れ、1997年のウェンブリー・スタジアムでのイングランド戦(0-2)でデビューを果たした。FIFAコンフェデレーションズカップ2003を最後に暫く代表から遠ざかっていたが、2007年3月24日のアフリカネイションズカップ2008予選・リベリア戦で久しぶりに招集された[15]。2008年1月のスーダンとの親善試合で得点を決めると、アフリカネイションズカップ2008予選のザンビア戦(5-1)で2得点を挙げて2試合3得点と好調さを見せたことから、本大会のメンバー入りを果たした。

所属クラブ[編集]

フランスの旗 FCメス 2002 (loan)
サウジアラビアの旗 アル・イテハド 2005-2006 (loan)

獲得タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 ミドルズブラFC
カタールの旗 アル・イテハド

脚注[編集]

外部リンク[編集]