ジェームズ・アングルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
James Jesus Angleton
忠誠 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属 中央情報局
アメリカ陸軍
階級 防諜 (CI) 責任者
関与した作戦 エニグマ解読
マンハッタン計画
CHAOS作戦
CHAOSプログラム
受賞 Distinguished Intelligence Medal

誕生 1917年12月9日
1987年5月12日(69歳)
国籍 アメリカ合衆国
母校 イェール大学
ハーヴァード・ロースクール

ジェームズ・ジーザス・アングルトン (James Jesus Angleton1917年12月9日 - 1987年5月12日) は、アメリカ合衆国情報機関である中央情報局(CIA)の工作官。

人物[編集]

1954年から1975年までCIAの防諜部長を務めた。退官時の正式な職名は防諜担当副次官(Associate Deputy Director of Operations for Counterintelligence)[1]。CIA長官のリチャード・ヘルムズはアングルトンについて、「当時、ジムは非共産世界のカウンターインテリジェンス(防諜)を代表する人物だった」と語っている。ウォルター・ベデル・スミスからリチャード・ヘルムズまで6代に渡る長官の下でCIAのカウンターインテリジェンス責任者を務めた。

経歴[編集]

アングルトンはアイダホ州ボイシでジェームズ・ヒューとカーマン・マーセデスの間に生まれた。ジェームズはアメリカ陸軍ジョン・パーシング将軍が率いた部隊の騎兵としてメキシコに駐在してた際にカーマンと出会った。ジェームズは後にNCR (企業)のイアリアにおけるフランチャイズを買取り、米国商工会議所の会頭も務めた[2]

アングルトンは幼少期をイタリアのミラノで過ごした。イングランドパブリック・スクールを経てアメリカへ戻り1937年にイェール大学に進学した。詩作に関心を示したアングルトンは大学在籍時にリード・ウィットモアと文芸誌「Furioso」を創刊し編集を務めた。1953年まで続いたこの雑誌は当時流行していた小規模な同人的雑誌である「little magazines」の代表として成功を納め、エズラ・パウンドウィリアム・カルロス・ウィリアムズE・E・カミングズからの投稿も掲載されていた[2]。アングルトンはT・S・エリオットウィリアム・エンプソンとも文通していた。大学では当時確立された文芸批評の手法であるニュー・クリティシズムのトレーニングを受けた。アメリカ研究科を設立したノーマン・ホームズ・ピアソンもアングルトンの師だった。

OSS[編集]

アングルトンは1943年3月にアメリカ陸軍に入隊し、7月にアリゾナ州ツーソン出身のヴァッサー大学卒業生シセリー・ド・ウォルトと結婚した[3]。大戦中はロンドンに置かれたOSSのX-2防諜部に所属しピアソンの元で働いた。この期間にキム・フィルビーと知りあっている。アングルトンは1944年2月にX-2のイアリア課課長になり、11月からはイタリアでドイツの無線を傍受しウルトラ情報を扱う秘密防諜ユニットZのリーダーとなった。戦後もイタリアに残って他国の情報当局との関係を深め、1948年のイタリア総選挙ではキリスト教民主党を支援してイタリア共産党の勢力拡大を食い止めた。イタリアのマフィアファシストヴァチカンを巻き込んだ反共産主義活動の成功はアメリカ本国でCIAが設立されるきっかけの一つとなった[4][2]

CIA[編集]

ワシントンD.C.へ戻ったアングルトンはOSSの後継組織を経てCIAへ入局した。1949年5月に彼は特殊作戦部スタッフAのトップに任じられ国外情報の収集と他国のカウンターパートとの連絡に当たることになった。1951年からはイスラエルモサッドイスラエル総保安庁(シンベト)との関係が始まり、彼のキャリアを通して続くイスラエルとの関係が始まった。アングルトンは新しく創設されたばかりのCIAの組織づくりに貢献する一方でフランク・ワイズナーアルバニアポーランドで行った共産主義政権打倒作戦にも関与した。イギリスの情報部門とは親密な関係を築き、MI6の駐ワシントン連絡官であったキム・フィルビーとは頻繁に会合した。1951年にフィルビーの同僚であるイギリスのガイ・バージェズドナルド・マクリーンソビエト連邦に亡命した。ヴェノナ情報からソ連スパイである可能性が浮上し信頼性に疑問符がついたフィルビーはMI6を解雇された。

1954年にCIA長官のアラン・ダレスはアングルトンを防諜部長に任命した。他国情報機関との連絡役も引き続いてアングルトンに任された。イスラエル情報機関との関係は特に有益で、東側諸国からイスラエルに亡命したユダヤ人から得る情報や第三国での活動への協力などを得ることができた。戦時中から連絡を取っていたイタリアでの情報網もアングルトンの強みで、東南アジアカリブ海諸国もアングルトンの担当であり、それらの地域各国の秘密警察の設立に関与していた[5]ニキータ・フルシチョフが1955年におこなったスターリン批判演説についてもその原稿をイスラエルから提供されている。国内での作戦にも関与しており、アメリカ共産党書記長であったジェイ・ラヴストーン(当時はAFL-CIO国際部長)を中心とする諜報ネットワークを通して、国内はもとより世界的に労働組合の反共化を進めることができた。

アングルトンの名声を高めたのは西側諸国の情報機関におけるソ連スパイを摘発する仕事で、このような二重スパイは「もぐら」(モール)、その任務は「もぐら狩り」(モールハント)と呼ばれていた。1950年代から60年代にかけてイギリス情報機関に大規模なソ連のスパイネットワークであるケンブリッジ・ファイヴが存在したことが判明しフィルビーが亡命すると、アングルトンはどの国の情報機関にもソ連のスパイが存在すると仮定し対策を取るべきだとの持論に取り憑かれるようになった。味方組織が敵に浸透されているとの意見には反論者もおり、アングルトンは妄想に取り憑かれていると批判する者もいた[2]

KGBからの亡命者であるアナトーリ・ゴリツィンユーリ・ノセンコの尋問によりアングルトンの懸念はさらに深まった。ゴリツィンやノセンコは、イギリス労働党の党首で首相を務めたハロルド・ウィルソンがソ連のスパイであると名指ししたり、ケネディ暗殺の背後には陰謀があると主張しており、今日ではその供述の信頼性には問題があるとされている。二人はアングルトンに対して、CIA内部のソ連スパイが自身の信頼性を貶めていると主張したり、KGBの能力を誇張する供述を繰り返し、アングルトンはCIA内部には大量のソ連スパイが存在し彼らの活動によってCIA自体がKGBに操作されていると確信するようになった[2]

アングルトンは1960年代から70年代にかけて、様々な外国の首脳がソ連のスパイであるとの主張を繰り返した。王立カナダ騎馬警察はアングルトンから、レスター・B・ピアソン首相とその後継者ピエール・トルドー首相はソ連のスパイだと連絡を受けた。アングルトンからの圧力を受け1964年に王立カナダ騎馬警察はピアソンの側近でカナダの駐ソ大使を務めたジョン・ワトキンスをスパイ容疑で任意拘束した。ワトキンスは王立カナダ騎馬警察とCIAの合同チームによってホテルで尋問されていた最中に倒れ死亡した。

アングルトンにスパイ容疑をかけられた首脳としては、スウェーデン首相のオロフ・パルメ西ドイツ首相のヴィリー・ブラント、イギリスの首相ハロルド・ウィルソンなどがいる。アングルトンの活動を皮肉交じりに批判したヘンリー・キッシンジャーも、1970年代前半にアメリカと中国との関係正常化を進めたのはソ連の影響下にあったからだと告発された。

アングルトンはリンドン・B・ジョンソン大統領の命を受けてアメリカ国内における情報収集活動であるCHAOS作戦を立案し、ベトナム戦争への反戦運動市民運動へのソ連スパイの関与を調査した[6]国際郵便電報のチェックなど法律に違反する行為も行われていた。現在では、それらの平和運動の中にはソ連の影響下にあったものもあるが、直接資金提供を受けていた例はなかったとされている。

1973年にCIA長官となったウィリアム・コルビーは、アングルトンの「妄想」は行き過ぎであると懸念視していた。コルビーはアングルトンからイスラエルとの連絡役を任務を取り上げた。1974年12月にジャーナリストのシーモア・ハーシュがコルビーとのインタビューにおいて、アングルトンが主導したCIAの国内作戦を暴露するつもりだと言うと、コルビーはアングルトンに対して辞職を求めた。ハーシュによる記事は同月にニューヨーク・タイムズの一面に掲載され大反響を呼んだ。1947年国家安全保障法[7]には国内における情報収集活動をしてはならないと明記されており、CIAの作戦は違法であった。アングルトンの名前はCIAの秘密作戦を調査するチャーチ委員会が議会で設置された後に一般に知られるようになった。アングルトンの辞職は1975年のクリスマス・イブに発表された。アングルトンの部下三人も自発的な退職を強制された。CIAの防諜部門のスタッフは300人から80人に削減された[2]

アングルトンは辞職後にコルビーやハーシュを批判し、コルビーについてはKGBのスパイだと糾弾しハーシュには彼の本の出版によって妻が家を出て離婚したと主張した[8]。アングルトンには1975年にDistinguished Intelligence Medalが贈られた。「陰謀めいた、完全に正気を失った、異常な、不可解な」を意味する形容詞造語「アングルトニアン」(Angletonian)は彼の名前に由来している[2]

その他[編集]

アングルトンの奇妙な生涯については大量の研究書や伝記で触れられている。フィクション作品でアングルトンをモデルとする物も多い。

2006年にロバート・デ・ニーロが監督した映画「グッド・シェパード」の主人公エドワード・ウィルソンのモデルとなっている[9]

参照[編集]

  1. ^ 元は誤訳。CIA副長官は一人。工作本部担当次官は"Deputy Director for Operations"
  2. ^ a b c d e f g The James Angleton Phenomenon, CIA, Mar 05, 2010
  3. ^ Cicely Angleton (1922 - September 23, 2011)
  4. ^ Seymour Hersh and the men who want him committed, salon.com, Feb 28, 2011
  5. ^ Angleton’s Secret Police, New York Times, June 26, 2007
  6. ^ Perspective on the Jewels From the C.I.A.’s Chief Historian, New York Times, June 27, 2007
  7. ^ 「CIA憲章」というのは、この法律によりCIAが設立された条項を指している。
  8. ^ フィルビーが書いたとされる自伝に、CIA職員アングルトンの名前があるため、彼の正体はある程度知られていた。
  9. ^ The Good Shepherd, Matt Damon, London Net, 20 December 2007

外部リンク[編集]