シャイ (エジプト神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャイ(Shai。しばしば Sai と、時には Shay と綴られる。ギリシア語では Psais )は、エジプト神話における運命概念を神格化したものである[1]。 その名前は「定められたもの」を意味する[2]

幸運と不幸の両方に関与していたが、レネネトが幸運を司るとされてからは特に不幸の予兆とみられるようになった[2]。シャイはまた、人間の命の長さとその死に方を決めたが、人間は自身の行いによってシャイが定めた運命を変えることができ、さらに他の神々もシャイに干渉することができた[2]。しかし人間がシャイから逃れることはできないとされた[2]オシリスの審判の間に死者の魂が来ると、シャイは、メスケネトレネネトと共に立ち会い、人間の性格について証言をした[3]

シャイの姿の表現は、時代が下るにつれて人間から山羊へと変化していった[4]。また、メスケネトを表す誕生レンガの下に置かれた姿で表現されることもあったが[3]、このメスケネトがシャイの妻であるとされた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pinch (2004).
  2. ^ a b c d e 『エジプト神話』217頁。
  3. ^ a b 『エジプト神話』288頁。
  4. ^ 『エジプト神話』218頁。

参考文献[編集]

※ 以下は翻訳にあたり直接参照していない。