ガメラ対宇宙怪獣バイラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガメラ対宇宙怪獣バイラス
Gamera vs. Viras
監督 湯浅憲明
脚本 高橋二三
製作 永田秀雅
出演者 本郷功次郎
高塚徹
カール・クレイグ・ジュニア
八重垣路子
渥美マリ
八代順子
音楽 広瀬健次郎
主題歌 ガメラマーチ
大映児童合唱団
撮影 喜多崎晃(本編)
藤井和文(特撮)
編集 関口章治
製作会社 大映
配給 大映
公開 日本の旗 日本 1968年3月20日
上映時間 72分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス
次作 ガメラ対大悪獣ギロン
テンプレートを表示

ガメラ対宇宙怪獣バイラス』(ガメラたいうちゅうかいじゅうバイラス)は、大映が製作・配給し、1968年(昭和43年)3月20日に封切り公開された日本の特撮映画作品。

ガメラシリーズの第4作目。大映東京撮影所作品。同時上映は『妖怪百物語』。72分、カラー、大映スコープ。

あらすじ[編集]

地球の植民地化を企むバイラス星人は、侵略のために宇宙船を送り込んだ。しかし、ガメラと遭遇した宇宙船1号は交戦の末、爆発炎上してしまった。しかし間を置かずに現れた宇宙船2号は、地球侵略の最大の障害であるガメラの排除を目標にしていた。

ロケに使われた「葉山海岸」

その頃、茅ヶ崎市海岸では日米のボーイスカウトキャンプを行っていた。いたずら好きのボーイスカウト・正夫とジムの2人は、小型潜水艇で潜行中に海底のガメラと遭遇する。「子供の味方」であるガメラと遊ぶうちに突然2人はガメラもろともオレンジ色の光のドームに包まれてしまった。バイラス星人の宇宙船が発射したスーパーキャッチ光線に捕えられてしまったのである。ガメラは光線の把握力に抵抗して2人の潜水艇を脱出させた。

しかし、その間にガメラの記憶を分析したバイラス人は、ガメラの最大の弱点が「子供」であることを知り、正夫とジムの2人を再び拉致する。2人を盾にされて手を出せないガメラに脳波コントロール装置がセットされ、バイラス人に操られたガメラは黒部ダム東京を破壊し始める。人類は、バイラス星人に降伏するか、人質の子供達を犠牲にして戦うか、という二者択一を迫られ、ついに国連は2人の生命を尊重してバイラス星人に降伏するという決定を下した。

そんな中、人質に取られた正夫とジムは、脳波コントロール装置とスーパーキャッチ光線の三角ブロック状のコイルをあべこべにつけ替えることでガメラを解放し、自分たちも脱出に成功する。自由をとり戻したガメラはバイラス星人の宇宙船への攻撃を開始する。ガメラの猛攻で爆発炎上する宇宙船。追い詰められたバイラス星人のボスは、分裂体を合体吸収して見るまに2倍、4倍、32倍となっていく。葉山海岸を舞台に、遂にガメラと宇宙怪獣バイラスの死闘が始まった。

概要[編集]

「ガメラ映画」はアメリカでは、1作目の『大怪獣ガメラ』(1965年)が劇場公開された[1]以外、2作目、3作目は子供向け番組枠でテレビ放映された。4作目である本作より、新作「ガメラ映画」はこのアメリカでのテレビ放映契約を織り込んだ制作体制となった。

ストーリーも、劇場よりも厳しいアメリカでのテレビ放送規制条件を満たすため、これに沿った、「ガメラが悪役新怪獣の侵略と闘う」という勧善懲悪テーマが強調された内容となっている。こういったこともあり、前作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』よりさらに進んで、本作以降「ガメラシリーズ」は子供を主役に置いた、完全に子供向けの作風となった。脚本の高橋二三は、「『ガメラ対ギャオス』までは子供向けではなかった。『ガメラ対ギャオス』で子供を出してくれという要請はあったが、大人も楽しめる映画だった。ところが『ガメラ対バイラス』でひとつの方向性に偏ってしまった。ある意味では『お子様ランチ』になったことで客層を限定してしまったと言っていいでしょう」とコメントしている。

一方で湯浅憲明監督は、「『バルゴン』で大人のドラマをやってみたが、劇場の子供達は走り回って全く見ていない。『ギャオス』では子供がガメラに乗る場面は大歓声だった。子供が冒険し、怪獣が出ずっぱりの『バイラス』が、シリーズ当初から本来やりたかった形だ」と述懐しており、プロデューサーの永田秀雅も同じコメントをしている。湯浅監督は、ラストで子供たちが大空を飛ぶガメラに手を振るシーンに、童話的なイメージを込めたという。

茅ヶ崎での戦闘シーンでバックにそびえる白いビルは、当時上原謙加山雄三親子が経営していたパシフィックパークホテルである。 湯浅監督によると、劇中に登場する小型潜水艇は、葉山のヨットハーバーにあったものを、撮影のために借りて使用したものである。Uボートを製作したドイツのメーカーの製品だったそうだが、ほとんど使い物にならず、水中で転覆すると復帰できないようなものだった。危険なのでスタッフが正夫役を吹替えで演じている。

大映本社の深刻な営業不振から、本作の制作予算は特撮予算を含まない一般映画クラス(前作の1/3)となり、湯浅監督らスタッフはいかに経費を抑えるかに腐心した。ことに撮影フィルムは通常5万フィートは必要なところ、3万フィートしか支給されないという極めて制約の多いものだった。バイラス宇宙船の「どこの部屋もみんな同じ造り」、「葉山海岸での舞台限定」など、こうした低予算が反映した設定だという。本作からプロデューサーに若い仲野和正が付き、湯浅監督のアイディアをすべて認めてくれ、高橋二三に「すべての制約をのんでください」と依頼。高橋もこれを承諾のうえで脚本化してくれたという。

『海外版』では、アメリカでの販売条件である上映時間(1時間半、9500フィート)を満たすため、流用映像の部分を長めにして90分に伸ばしてあるが、これは湯浅監督に無断で行われたことだった。「日本コカ・コーラ」がタイアップしており、画面にコカコーラマークが頻繁に登場する。

湯浅監督は前作に続いて本編・特撮両演出を1人でこなす奮闘ぶりを見せ、スタッフ一同、「これがガメラシリーズ最後の作品」との想いで本作をわずか25日で撮り終えた。湯浅監督は「こんな条件で撮れる監督は俺しかいないだろう」と、「半分は意地、半分はゲーム感覚でやった」と語っていて、クランク・アップ時は「やっと終わった」と感慨無量の思いだったという。しかし、公開されるや本作は子供たちに大評判となり、大ヒット。大映本社は翌年、次作『ガメラ対大悪獣ギロン』の制作を決定することとなった。

登場キャラクター[編集]

ガメラ[編集]

前作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』と同じもの。この作品から、足だけを引っ込めてジェット飛行するミニチュアが使われ、以後の定番となる人気を集めた。湯浅監督によると、この下半身ジェット飛行も予算対策のための苦肉の策だった。ジェット噴射用の火薬は一本3000円(当時)した。二本だけの使用なら1カットで6000円浮く計算である。

ガメラが小型潜水艦と並泳するシーンは、演技者の入っていないぬいぐるみを吊り下げて操演した。予算削減のため、ガメラがバイラス星人に操られて暴れまわるシーンは『大怪獣ガメラ[2]と『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』のバンク映像が使われている。

宇宙怪獣 バイラス[編集]

  • 身長:96メートル
  • 体重:120トン

イカをモチーフとした知的宇宙生物。企画当初では「ゲッソー」という名がつけられていた。決定名「バイラス」の名称は、『週刊少年マガジン』、『週刊ぼくらマガジン』両誌上での公募による。公募賞品は特賞が「金十万円の奨学金」、「マガジンカップ」、「双眼鏡」などで、5人の当選者が発表された。しかし湯浅監督によるとこれは「やらせ」だったといい、実際は「2倍、4倍」と巨大化することからつけられたものだったという。本作以後、『ガメラ対深海怪獣ジグラ』(1971年)まで、シリーズの敵怪獣の名は、同様にマガジン誌で公募された。

本編タイトルでは「宇宙怪獣」とされ、本作のポスターや劇場用予告編では「分裂怪獣」とテロップ表記されている。のちに『宇宙怪獣ガメラ』(1980年)が公開された際に、ガメラを「宇宙怪獣」と謳ってしまったため、バイラスは強制的に「水中怪獣」と名称変更されてしまった[3]。公式ホームページでもこの「水中怪獣」に変更表記されている。正確には「宇宙怪獣」であり、「バイラス星人」という宇宙人である。アメリカではバイラスは「イカのような怪物」という名になっている。

足(触手)は6本あり、イカのような吸盤を持ち、先端はゾウの鼻の様に把握力を持っていて、この触手を使って直立できる。眼は人間に似ており一対、まぶたは下から上に閉まる。口部はくちばし状。頭は三つの花弁状に分かれているが、一つにあわせると硬化し状になる。水中および空中を、イカの様に水平に滑走して槍状の頭部で攻撃する。槍状の頭部は非常に硬く、ガメラの甲羅を貫くほどの威力を持つ。

当初は「ボス」(本体)だけが3メートル程度の「バイラス星人」の姿でいたため、子供たちに「宇宙動物園に送られる生物」と誤認された。「バイラス星人」として活動している際にはほぼ等身大だが、複数に分裂した個体が復元合体して巨大化することが出来る。バイラス円盤の「1号機」も「2号機」も、「ボス」の声は若山弦蔵である[4]

生命維持には窒素が必要で、そのため大気に窒素が豊富に含まれる地球に目をつけた。自らを「宇宙で最も優秀な生物」と豪語し、「他の生物は不要」とさえ言い切るほどの自信家である[5]。ガメラの腹部を突き抜いて、勝利したかに見えたが、絶大な生命力を持つガメラは(バイラスが刺さったまま)回転飛行で遙か上空に上昇。バイラスは低温下で凍り付き、身動きがとれなくなる。そのまま高速回転したガメラから振り落とされ、動けないまま海上に墜落して砕け散った。

このバイラスにガメラが腹を突き抜かれ串刺しにされる描写は湯浅監督によると、前作までで一通り怪獣同士の戦いのアイディアが出尽くしたので、「今度は刺すか」ということで採り入れたもの。「安い予算で撮らせやがってというスタッフの腹いせの気持ちも多分にあったかもしれない」と述懐している。この場面は劇場では子供たちから悲鳴が上がったそうである。『ガメラ対大魔獣ジャイガー』、『宇宙怪獣ガメラ』にも映像を流用し登場。

バイラスの美術・造形[編集]

デザインは間野重雄。造型は八木正夫エキスプロ。頭が槍状に一体化した操演用のミニチュアと、頭の触手が分離した人間が入るぬいぐるみタイプのものとが造られた。造形者の八木正夫によると、湯浅監督から「柔軟性が欲しい」と注文があり、造形については主素材選びから苦労したという。結局、ウレタンを主材質に選んで、イカのようなキャラクターを実現させた。八木はシリーズで「一番印象に残った怪獣」としてバイラスを挙げており、「人は苦労して初めて得るものがあるんじゃないか、それを教えてくれたのがバイラスだった」と振り返っている。

ぬいぐるみの触手は、6本中2本に演技者の足が入り、残りの4本は操演によって動かされている[6]

バイラス人[編集]

バイラス円盤の中にいた、黒い半袖服を着た医者のような姿の5人の男たち。このバイラス人たちは、シルエットに目だけが点灯する不気味な姿で登場するが、このシーンは、俳優のまぶたにアイマスクと豆球を貼り付け、台詞に合わせて点滅させて撮影した。このため夏木章ら演じた俳優は、豆球の熱でまぶたを火傷したそうである。

その正体は、分裂したバイラスが人間などの他の知的生命体に「ユニフォームのように」寄生し、行動を支配しているもの。腕がちぎれてもすぐに元に戻り、球体構造間の移動は、チューブ通路を滑空して行う。このシーンは通路セットを縦向きに作り、俳優がまっすぐ飛び降りたものを高速度で撮影し、逆回転させたもの。ズボンの裾がめくれないようテープでとめたりと気を使ったそうである。

正夫らの「怪獣(つまり彼らのボス)が暴れてる」といった嘘に全員あっさりだまされるなど、高い知能を持つ故か、妙な部分で単純なところがある。終盤でボスによって首をはねられる(人形を並べて撮った)と、中からバイラスの分身が現れ、ボスに融合していった。正夫らに投げ縄で捉えられる男を演じたのは、映画「大魔神シリーズ」(1966年)で「大魔神」を演じた橋本力

バイラス円盤[編集]

黄色と黒の縞模様の球体5つをドーナツ状に繋いだ形状をした、ガメラよりも巨大なバイラスの侵略宇宙船。劇中には「1号」と「2号」の2機が登場。「1号機」は冒頭のタイトル前に地球の成層圏近くでガメラと遭遇して破壊されてしまう。ボスの台詞で「乗組員諸君」と呼びかけがあるが、内部での乗組員描写は無かった。「スーパーキャッチ光線」を放射して、船外の生物をオレンジ色の半透明のドーム内に捕らえ、対象物が人間サイズなら船内に転送ができ、ガメラのように大きなものは動きを止めることができる。続いて「脳波コントロール装置」という、脳波を支配して生物を操る武器を射出し、これを首の根元に打ち込まれたガメラはバイラスのいいなりになってしまう。

球体を一斉に反転させて底面からガメラのジェット噴射を消火する黄色いガスを噴出する。また球体それぞれは非常時には一つずつ切り離すこともできる。五つの球体それぞれの底面から着陸用の脚を伸ばして着地する。

船内では脳波イメージ装置により、食べ物など、欲しいと思った物そのものが再現され自由に手に入るが、宇宙船に危害を与える物、たとえば爆弾などを求めると警報が鳴るようになっている。機内の回路は三角形で構成されており、この三角形ブロックで「+」と「-」を構成していて、正夫らはこのブロックを逆に入れ替えてガメラのコントロールを解いてみせた。湯浅監督は「これこそ高橋二三一流のレトリック」と評していて、子供にも分かりやすいこのブロックの入れ替えアイディアを「撮っていて一番楽しいところだった」と述懐している。

バイラス円盤の美術・造形[編集]

個性的なバイラス円盤のデザインは、バイラスと同じく間野重雄による。3尺サイズの精巧なミニチュアが制作された。この黒い縞の入った特徴的なバイラス円盤は「宇宙を支配しようとする者の象徴」として、「一点豪華主義」で予算をかけて作られ、評判もかなり良かったという。湯浅監督はあとで左翼系の組合員から「あれはアメリカ合衆国を表してるんでしょう」と勘繰られて嫌な思いをしたと語っている。

円盤が地上に着地するシーンがあるが、ミニチュアのバランスが非常に悪かったので、ピアノ線でミニチュアを吊りあげ、少し地面から浮かせて撮影している。「スーパーキャッチ光線」で出来る透明のドームはアクリル製の出来合いのものが使われ、省予算のために場面を変えて対人間、対ガメラなど、様々なシーンに流用された。正夫たちがサンドイッチを頼むシーンがあるが、このサンドイッチは、機内の多方形イメージと統一して八角形に切ってある。「脳波コントロール装置も「半球型で黄色と黒の縞模様」と、バイラス円盤とイメージを統一したデザインとなっている。

上述したように、本作の予算は徹底縮小されたため、円盤内部のセットは一つだけしか用意できなかった。劇中で「この円盤の中、何にも無いなあ」という正夫らの台詞があるが、これは予算不足で大道具を揃えられない現場の状況を逆手に取った演出だった。徹底した省予算のため、球体内部の照明を青や赤に変えることで、別の部屋に見せている[6]。「研究室」ではレトルトや化石標本などあり合わせの小道具を並べていて、湯浅監督によると「科学への夢が一つになったもの」だそうである。

本編で主要なシーンを占めるこのバイラス円盤内部の描写は、このように予算不足から同じセットを使い回して、小道具の位置を変えるなどして別のセットに見せる工夫をとっているが、これは湯浅が師匠である衣笠貞之助の助監督を務めていた頃に、衣笠から教わった手法だったという。

キャスト[編集]

本作以降、ガメラ映画には主人公の少年と対にして、必ず白人の子役が起用されているが、これは「日本人の子供の顔はみんな同じに見えるから」という、テレビ放映を前提としたアメリカのバイヤーからの条件だった。これら外人子役は、調布市にあったアメリカン・スクールの生徒から選んだ。日本語が話せることが採用基準だったが、話せるはずで採用したのに全然駄目だったりと、苦労が多かった。ジムの母親役のメリー・ムロースも全くの素人で、台詞が下手で困らされたという。

また、ボーイスカウト指導員役で、この年デビューした「大映新人三人娘」の八重垣路子渥美マリ八代順子が顔をそろえている。ボーイスカウト隊長役の本郷功次郎は「怪獣映画」への出演が不本意で、当時は「何で俺だけこんな冒険ダン吉みたいなショートパンツ履いて、ボーイスカウトやれって言われるんだって、他の俳優さんが芸術的な映画に出てると思うと悔しくて夜寝られなかった」という。「まさかこんなに時代に残るとは思わなかった。今では財産になってしまった。ガメラに出られたことを本当に感謝してますよ」と語っている。バイラス星人がガメラのデータを探るシーンでは、過去3作の映像が流用されていて、『ガメラ対ギャオス』から採ったシーンでは、主演の本郷の登場シーンがあり、同じ作品で本郷が別の役柄で二重出演することになってしまっている。

本作はボーイスカウトが全面協力していて、エキストラのボースカウトは全員本物である。これは以前、湯浅監督がボーイスカウトのタイアップ映画『第四回日本ジャンボリー』を監督した[7]ことからのつながりである。

スタッフ[編集]

特撮班

主題歌[編集]

本作からオープニングに主題歌「ガメラマーチ」が登場。これは、大映専務の永田秀雅プロデューサーが独自に「ガメラマーチ」を作詞。企画会議で朗読し、「みんな感激してたから曲をつけてくれ」と湯浅監督に持ちかけ、劇中主題歌としたところが大ヒット。以後、シリーズ共通の主題歌として使われた。

歌唱している「大映児童合唱団」とは、湯浅監督によると「そこらへんの子供たちに歌ってもらったもの」だそうで、実際には存在しない団体である。

ソノシート[編集]

ガメラマーチ」を主題歌、「ぼくらのガメラ」を副主題歌として、大映レコードレーベルで、朝日ソノラマからソノシートが発売された。イラスト図解の他、声優を使った「大迫力ドラマ」が収録された。大映レコード発行のソノシートには、「ぼくらのガメラ」がA面になったものがあった。

漫画化[編集]

公開に先駆け、秋田書店の漫画雑誌「別冊まんが王」で井上智によって漫画が掲載された。3月1日付発行で、劇場でB5版サイズの単行本が配られた。

映像ソフト化[編集]

封切り時の本作の上映時間は「72分」であるが、大映倒産時に輸出用「90分版」とオリジナルの「72分版」のネガが混合され、「90分版」がしばらく正規品として扱われた。過去にビデオソフトとして発売されたものはこの「90分版」である。次に発売されたLDソフトは、この「90分版」をもとに再編集した「81分版」である。現行のDVDでは、湯浅の協力により国内版が復元再編集されて収録してある。

  • ビデオソフト
    1990年に発売。海外輸出用の「90分版」を収録。
  • レーザーディスク
    海外輸出用の「90分版」が1986年に発売。1991年に「ガメラ永久保存計画」としてBOX化された際に、これを再編集した「81分版」が収録された。
  • DVD
    オリジナルの「72分版」が復元されたものが、2001年10月11日発売の「ガメラTHE BOX(1965-1968)」に収録され、単品版も同時発売された[9]。2006年8月31日発売の「ガメラ 生誕40周年記念Z計画 DVD-BOX」に収録されている。新しく色彩を整えたDVDは2007年10月26日発売。
  • Blu-ray
    2009年7月24日発売の「昭和ガメラ ブルーレイ BOXI」に収録されており、単品版も同時発売。

脚注[編集]

  1. ^ 特撮部分のみのフィルムが売られ、アメリカ側で本編を追加撮影して上映された
  2. ^ 冒頭部分しか使われていない。湯浅監督が探したが、この時点でオリジナルネガが売却されていて、フィルム自体が見つからなかったという。
  3. ^ 『強いぞ! ガメラ』(徳間書店)
  4. ^ 若山は前々作『ガメラ対バルゴン』ではナレーションを務めている。
  5. ^ 湯浅監督は大映の組合員に、この台詞が「アメリカのことでしょう?」と訊かれたそうである。
  6. ^ a b 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、187頁。ISBN 4766927060
  7. ^ 永田雅一大映社長は当時、ボーイスカウト日本連盟の顧問だった。
  8. ^ 高田は日本人であるが、白人を演じている。
  9. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 170頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『ガメラ大怪獣図鑑』(徳間書店)
  • 『ガメラクロニクル』(ソニーマガジン)
  • 『ガメラを創った男―評伝 映画監督・湯浅憲明』(アスペクト刊)
  • 『大怪獣ガメラ秘蔵写真集』(徳間書店)
  • 『ガメラ画報』(竹書房)
  • 『ガメラから大魔神まで 大映特撮映画のすべて』(近代映画社)

関連項目[編集]

  • ボーイスカウト
  • 『ともだち 小さき勇者たち 〜ガメラ〜』 - 蕪木版ノベライズ。「Gバイラス」が登場する。

外部リンク[編集]