カール・ライネッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルル・ライネッケから転送)
移動: 案内検索
カール・ライネッケ
Carl Heinrich Carsten Reinecke
カール・ライネッケ(1890年)
カール・ライネッケ(1890年)
基本情報
出生 1824年6月23日
Holstein Arms.svg ホルシュタイン公国 アルトナ
死没 1910年3月10日(満85歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 ライプツィヒ
ジャンル ロマン派
職業 作曲家
ピアニスト
指揮者
教育者
担当楽器 ピアノ

カール・ライネッケ(カール・ハインリヒ・カーステン・ライネッケ Carl Heinrich Carsten Reinecke, 1824年6月23日 アルトナ - 1910年3月10日 ライプツィヒ)は、ドイツロマン派作曲家ピアニスト指揮者、教育者[1]

略歴[編集]

音楽理論や音楽教育書の著作を出していた高名な音楽教育者の父親ルドルフ(ヨハン・ペーター・ルドルフ・ライネッケ Johann Peter Rudolph Reinecke, 1795年11月22日 ハンブルク - 1883年8月14日 ゼーゲベルク英語版)に学ぶ[1]

ライプツィヒ音楽院での門下生に、ブルッフグリーグスヴェンセンシンディングサリヴァンヤナーチェクアルベニスワインガルトナーリーマンらがいる[1]

作品[編集]

初期にはメンデルスゾーンやシューマン、ショパンの影響が顕著であったが、のちにはブラームス作品のもつ綿密さや堅固な構成力が加わった[注 1]。公職から引退後も死の間際まで作曲活動を続けていたため、創作数は出版作品だけで300曲を超え、未出版の作品を数えると千曲以上ともいわれる。様々な分野の曲を書いているが、魅力的な旋律と創意に富む数多くのピアノ曲で殊に有名であった。また、室内楽曲も優れており、フルートソナタ「ウンディーネ」は彼の作品中最も頻繁に演奏される曲である。一方で、「マンフレッド王 (König Manfred)」などのオペラでは成功しなかった[1]

保守的な音楽観を持ち[1]、名人芸もほとんど用いなかった為、死後は多くの作品が演奏家のレパートリーから消えることとなった。

教育目的で書かれた作品には「ミニチュアソナタ」や「左手の為のソナタ」など創意工夫に富んだ物が多く、今日の教育に於いても使用可能である。

彼が師事したシューマンの作品で合唱曲として名高い「流浪の民」のフルオーケストラ版編曲も手がけた。こちらも長らく埋もれていたが、2010年10月13日、ライプツィヒ大学入学式に於いて同大学管弦楽団・合唱団によって現ゲヴァントハウス大ホールにて蘇演がなされた。

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番 イ長調 Op.79 (1858年)
  • 交響曲第2番 ハ短調 Op.134 (1874年)
  • 交響曲第3番 ト短調 Op.227 (1895年)

協奏曲[編集]

  • ハープ協奏曲 ホ短調 Op.182 (1884年)
  • ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 Op.72 (1860年)
  • ピアノ協奏曲第2番 ホ短調 Op.120 (1872年)
  • ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.144 (1877年)
  • ピアノ協奏曲第4番 ロ短調 Op.254 (1901年)
  • チェロ協奏曲 ニ短調 Op.82 (1864年)
  • ヴァイオリン協奏曲 ト短調 Op.141 (1876年)
  • フルート協奏曲 ニ長調 Op.283 (1908年)

室内楽曲[編集]

ピアノ曲[編集]

  • アンダンテと変奏曲(2台) 変ホ長調 Op.6 (1844年)
  • 3つのソナチネ Op.47 (1854年)
  • ゆりかごから墓場まで Op.202 (1888年)
  • 左手のためのピアノソナタ ハ短調 Op.179 (1884年)

脚注[編集]

  1. ^ ただし、ライネッケとブラームスは互いに批判的であった(村澤 (2007)、306ページ)。

出典[編集]

外部リンク[編集]