エストレーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルヘシラス駅に停車中のエストレーリャ

エストレーリャスペイン語: Tren Estrella)はレンフェ・オペラドーラによって運行される夜行列車である。エストレーリャとはスペイン語を意味する語である。現存するスペイン国鉄によって運行が開始された夜行列車のなかで最も長い歴史を持つが、いくつかの列車は高速鉄道AVEの開業やより格の高い夜行列車であるトレンオテルへの置き換えなどによって廃止されている。


エストレーリャには以下の座席・寝台等級が設定されている。

  • グラン・クラセ(Gran Clase):一等個室寝台
  • リテーラ(Litera):二等簡易寝台(クシェット)
  • プレフェレンテ(Preferente):一等座席
  • トゥリスタ(Turista):二等座席 (エストレーリャ・コスタ・ブラバにのみ設定されている。)

概要[編集]

エストレーリャ・ピオ・バロハのリテーラのコンパートメント
運行区間 マドリード - フェロル
マドリード - セルベーレ
バルセロナ - ア・コルーニャ/ビーゴ
バルセロナ - ビルバオ/アンダイエ/サラマンカ
ビルバオ - マラガ
アンダイエ - リスボン
製造者 スペイン国鉄CAFバブコック・アンド・ウィルコックス
運行開始 1982年
最高速度 160 km/h
営業最高速度 120 km/h
軌間 1.668 mm

列車[編集]

  • エストレーリャ・アトランティコEstrella Atlántico
  • エストレーリャ・コスタ・ブラバEstrella Costa Brava
  • エストレーリャ・ガリシアEstrella Galicia
    • 由来:ガリシア州(Galicia)より。
    • 停車駅:バルセロナ=サンツ - タラゴナ - レウス - リェイダ=ピリネウス(Lleida-Pirineus) - モンソン=リオ・シンカ(Monzón-Río Cinca) - サラゴサ=デリシアス(Zaragoza-Delicias) - トゥデーラ・デ・ナバーラ(Tudela de Navarra) - カステホン・デ・エブロ(Castejón de Ebro) - ログローニョ(Logroño) - ブルゴス(Burgos) - パレンシア - レオン - アストルガ - ポンフェラーダ - オ・バルコ・デ・バルデオーラス - ア・ルーア=ペティン - サン・クローディオ=キローガ - モンフォルテ・デ・レモス >
  • エストレーリャ・ピオ・バロハEstrella Pío Baroja
    • 由来:サン・セバスティアン出身の作家ピオ・バロハes:Pío Baroja)より。
    • 停車駅:バルセロナ・サンツ - サント・ビセンク・デ・カルデルス - タラゴナ - レウス - リェイダ=ピリネウス - モンソン=リオ・シンカ - サラゴサ=デリシアス >
      • ビルバオ編成 トゥデーラ・デ・ナバーラ - カステホン・デ・エブロ - カラオラ(Calahorra) - ログローニョ - ミランダ・デ・エブロ - リョディオ(Llodio) - ビルバオ=アバンド(Bilbao-Abando)
      • アストゥリアス編成 トゥデーラ・デ・ナバーラ - カステホン・デ・エブロ - カラオラ - ログローニョ - ミランダ・デ・エブロ - ブルゴス - パレンシア - サアグン(Sahagún) - レオン - ポラ・デ・レナ(Pola de Lena) - ミエレス=プエンテ(Mieres-Puente) - オビエド(Oviedo) - ヒホン=ホベジャーノス(Gijón-Jovellanos) - ヒホン=セルカニーアス(Gijón-Cercanías)
      • アンダイエ編成 トゥデーラ・デ・ナバーラ - カステホン・デ・エブロ - タファリャ(Tafalla) - パンプローナ(Pamplona) - アルサスア(Alsasua) - スマラガ(Zumárraga) - ベアサイン(Beasaín) - トロサ(Tolosa) - サン・セバスティアン(San Sebastián) - イルン(Irún) - アンダイエ(Hendaya)
      • サラマンカ編成 トゥデーラ - カステホン・デ・エブロ - カラオラ - ログローニョ - ミランダ・デ・エブロ - ブルゴス - パレンシア - バリャドリッド・カンポ・グランデ - メディーナ・デル・カンポ - カンタラピエドラ(Cantalapiedra) - サラマンカ(Salamanca)
  • エストレーリャ・ピカソEstrella Picasso
    • 由来:マラガ出身の画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)より。
    • 運行:週1往復
    • 停車駅:ビルバオ=アバンド - ミランダ・デ・エブロ - ブルゴス - バリャドリッド・カンポ・グランデ - メディーナ・デル・カンポ - アビラ - マンサナーレス(Manzanares) - バルデペーニャス(Valdepeñas) - リナーレス=バエサ(Linares-Baeza) - コルドバ=セントラル(Córdoba-Central) - プエンテ・ヘニル(Puente Genil) - ボバディージャ(Bobadilla) - マラガ=マリア・サンブラーノ(Málaga-María Zambrano)
  • エストレーリャ・スドエキスプレスEstrella Sudexpress o Surex
    • 由来:パリリスボンを結んでいたかつての南急行(Sudexpress)の名残。現在もアンダイエ/イルンでLGV大西洋線経由のTGVに接続している。
    • 停車駅:アンダイエ(フランス国鉄) - イルン - サン・セバスティアン - ビトリア=ガステイス(Vitoria) - ミランダ・デ・エブロ - ブルゴス - バリャドリッド・カンポ・グランデ - メディーナ・デル・カンポ - サラマンカ - フエンテ・デ・サン・エステバン=ボアディーリャ(Fuente de San Esteban-Boadilla) - シウダ・ロドリーゴ(Ciudad Rodrigo) - フエンテス・デ・オニョーロ(Fuentes de Oñoro) - ヴィラール=フォルモーゾ(Villar-Formoso) - グアルダ(Guarda) - Vila Franca des Naves - セロリコ・ダ・ベイラ(Celorico da Beira) - マングアルデ(Mangualde) - ネラス(Nelas) - サンタ・コンバ・ダン(Santa Comba-Dao) - パンピリョーザ(Pampilhosa) - コインブラ(Coimbra) - ポンバル(Pombal) - ファティマ(Fátima) - エントロンカメント(Entroncamento) - リスボン=オリエンテ駅(Lisboa-Estación de Oriente) - リスボン=サンタ・アポローニャ駅(Lisboa-Santa Apolónia)

廃止された列車[編集]

  • エストレーリャ・コスタ・バスカEstrella Costa Vasca
  • エストレーリャ・コスタ・ベルデEstrella Costa Verde
    • 由来:アストゥリアス州の海岸線、コスタ・ベルデ(Costa Verde)より。
    • 区間:マドリード - ヒホン / サンタンデール(Santander )
    • 廃止:2007年12月23日(22日発まで運行)
  • エストレーリャ・デル・エストレーチョEstrella del Estrecho
    • 由来:海峡を意味するスペイン語、エストレーチョ(Estrecho)より。
    • 区間:マドリード - アルヘシラス(Algeciras)
  • エストレーリャ・ソル・デ・レバンテEstrella Sol de Levante
    • 由来:イベリア半島地中海岸地方の名称、レバンテ(Levante)の太陽(Sol)。
    • 区間:アリカンテ(Alicante) - バレンシア(Valencia) - タラゴナ - リェイダ - サラゴサ - カステホン・デ・エブロ >
      • ビルバオ編成 ミランダ・デ・エブロ - ビルバオ
      • イルン編成 パンプローナ - サン・セバスティアン - イルン
  • エストレーリャ・プエルタ・デル・ソルEstrella Puerta del Sol
  • エストレーリャ・コスタ・デ・ラ・ルスEstrella Costa de la Luz
  • エストレーリャ・コスタ・カリダEstrella Costa Cálida
  • エストレーリャEstrella
    • 区間:バルセロナ - カルタヘナ
  • エストレーリャEstrella
    • 区間:マドリード - グラナダ(Granada) / アルメリア(Almeria)