サンタ・アポローニャ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタ・アポローニャ駅
駅外観
駅外観
Lisboa-Santa Apolónia
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
管理者 ポルトガル鉄道
リスボンメトロ

サンタ・アポローニャ駅ポルトガル語: Estação Ferroviária de Lisboa-Santa Apolónia)はポルトガル首都リスボンにあるターミナル駅である。リスボンでは最も古いターミナル駅で1865年5月1日に開業した。歴史的な地区であるアルファマ地区に位置している。

歴史[編集]

1891年から1957年にかけてリスボンでのターミナル駅の機能は中央駅としても知られたロシオ駅が担っていた。今日ではリスボンでのターミナル駅としての機能はオリエンテ駅とサンタ・アポローニャ駅が担っており、リスボン近郊列車アザンブジャ線の他、ポルトガル鉄道が運行する特急にあたるアルファ・ペンドゥラール、急行にあたるインターシティ、スペイン方面へ向かう国際夜行列車トレンオテル(ルシタニア号・マドリード行)やシュド・エクスプレス(イルン行)などが発着する。多数のバスが発着するほか2007年リスボンメトロの駅が開業し、利便性が向上した。

駅構造[編集]

ポルトガル鉄道[編集]

ポルトガル鉄道 サンタ・アポローニャ駅
駅入口
駅入口
Lisboa-Santa Apolónia
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
管理者 ポルトガル鉄道
リスボンメトロ
所属路線 ノルテ線
開業年月日 1865年5月1日
駅構内


リスボンメトロ[編集]

リスボンメトロ サンタ・アポローニャ駅
駅入口
駅入口
Santa Apolónia
所在地 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
管理者 リスボンメトロ
所属路線 青線青線


隣の駅[編集]

ポルトガル鉄道
ノルテ線長距離列車(CP longo curso)及びリスボン近郊列車(CP Lisboa)アザンブジャ線
ブラコ・デ・プラタ駅 - サンタ・アポローニャ駅
リスボンメトロ
青線青線 (Linha de gaivoda、かもめ線)
テレイロ・デ・パソン駅 - サンタ・アポローニャ駅

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、サンタ・アポローニャ駅に関するカテゴリがあります。