ポンフェラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ponferrada

{{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Castilla y León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
Bandera de León.svg レオン県
コマルカ Bandera de El Bierzo.svg エル・ビエルソ
司法管轄区 ポンフェラーダ
面積 283.17km² km²
標高 523m
人口 67,969人(2,008年) 人 ()
人口密度 240.03人/km² 人/km²
住民の呼称 ponferradino/-a
守護聖人 Virgen de la Encina
Ponferradaの位置
Ponferrada
スペイン内のポンフェラーダの位置
Ponferradaの位置
Ponferrada
レオン県内のポンフェラーダの位置

北緯42度32分46秒 西経6度35分27秒 / 北緯42.54611度 西経6.59083度 / 42.54611; -6.59083

ポンフェラーダPonferrada)は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州レオン県の自治体で、エル・ビエルソEl Bierzo)地域の中心自治体でもある。自治体内の一部の地区ではガリシア語が使われる。

歴史[編集]

新石器時代、鉄器時代、ローマ時代の定住地の痕跡が残っているが、公式の記録に名前が載るのは11世紀である。1082年、司教オスムンドがサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を行く巡礼のためにシル川に橋を架けるよう命じたとある。集落は近郊のラス・メドゥラスで採掘される金で潤い、シル川右岸周辺で人口が増えていった。別の説では、ポンフェラーダの名は『強固な橋』または『鉄の橋』を意味するPons Ferrataから生じたとしている。1086年頃にサン・ペドロ教会ができ、教会の周りの集落はラ・プエブラ・デ・サン・ペドロ(La Puebla de San Pedro)と呼ばれるようになった。これがポンフェラーダの前身である。それから橋がフェラタ橋と呼ばれるようになった。様々な者がポンフェラーダに関わりをもった。最初の領主は、巡礼路の警備を行っていたテンプル騎士団であった。騎士団解散後はオソリオ家のものとなり、その後カトリック両王が所有した。

1908年9月4日、アルフォンソ13世はポンフェラーダに市の称号を与えた。

地理[編集]

人口[編集]

ポンフェラーダの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[1]、1996年 - [2] 

史跡・観光地[編集]

  • ポンフェラーダ城(Castillo de Ponferrada) - 1178年、レオンフェルナンド2世が聖堂騎士団に対し、ポンフェラーダでの本拠地作りを命じた。騎士団が解散させられると、王家の所有となった。
  • エンシーナ聖堂(Basílica de La Encina)
  • サンティアーゴ・デ・ペニャルバ教会(Iglesia de Santiago de Peñalba) - モサラベ様式
  • サント・トマス・デ・ラス・オジャス教会(Iglesia de Santo Tomás de las Ollas)
  • エル・モレデーロ・スキー場(Estación de esquí de El Morredero)

経済[編集]

コマルカであるエル・ビエルソのワイン(DOビエルソ)生産中心地で、ドイツやアメリカ合衆国にも輸出されている。果物や野菜の生産も盛んである。ウシの飼育は都市の成長によって後退してきたが、家族経営の形態を維持している。

粘板岩採掘、建設機械製造や、風力原動機による発電が行われている。

スポーツ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  2. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.

外部リンク[編集]