アルカラ・デ・エナーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alcalá de Henares

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

セルバンテス広場
セルバンテス広場
Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Flag of the Community of Madrid.svg マドリード県
面積 87.72km² [1] km²
標高 588m
人口 204,120人(2,010年)[1] 人 ()
人口密度 2,326.95人/km² [1] 人/km²
Alcalá de Henaresの位置
Alcalá de Henares
スペイン内のアルカラ・デ・エナーレスの位置
Alcalá de Henaresの位置
Alcalá de Henares
マドリード県内のアルカラ・デ・エナーレスの位置

北緯40度28分54.65秒 西経03度21分51.32秒 / 北緯40.4818472度 西経3.3642556度 / 40.4818472; -3.3642556

アルカラ・デ・エナーレス[2]Alcalá de Henares)は、スペインの都市。Henaresは第2音節にアクセントが落ちるのでアルカラ・デ・エナーレスのように発音される。またアルカラ・デ・エナレスの表記も見られる。スペイン中央のマドリード州東部に位置する。人口は約20万人。「アルカラ」はアラビア語の「城」という語に由来する。アンダルシアにある同名の都市(アルカラ・デ・グアダイラアルカラ・ラ・レアル)と区別するため「デ・エナーレス」を加える。

15世紀末以来の大学都市で、世界遺産に登録されている。また、ミゲル・デ・セルバンテスの出生地としても知られる。

地勢・産業[編集]

エナーレス川沿い、マドリードからグアダラハーラに向かう途上に位置している。皮革、石鹸産業などが盛ん。近隣の都市としては、約30キロ西のマドリード、35キロ南西のヘタフェなどが挙げられる。

人口[編集]

2011年1月1日現在の人口は203,686人。

アルカラ・デ・エナーレスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4] 

歴史[編集]

古代ローマ時代には「コンプルトゥム」と称されていた。西ゴート王国時代には司教座が置かれた。イスラーム支配下ではあまり重要な町ではなかったが、12世紀に砦(Al-Qal'at)が築かれ、これが現在の街の呼称となった。1118年カスティーリャ王国に征服され、トレドの大司教に与えられた。大司教の館を中心に、キリスト教徒街、ユダヤ人街、アラブ人街が形成された。1496年に王令によってユダヤ人が追放されたが、町の構造は残り、大学都市として使われるようになった。もっとも、大学都市としての萌芽は1298年サンチョ4世が「ストゥディウム・ゲネラーレ (Studium Generale)」を設立したときに始まっている。

15世紀末から16世紀初頭にシスネーロス枢機卿の発案により大学都市の建設が始まり、1499年にサン・イルデフォンソ学校が創設された。ヨーロッパのほかの大学都市とは異なり、アルカラ・デ・エナーレスでは最初から町全体が大学都市として計画されたことが特徴である。その後も大学施設が拡充され、学術・文化の中心地として発展を遂げた。エラスムスなどの著名な人文主義者もこの街に招かれている。印刷技術が持ち込まれ、アルカラ・デ・エナーレス版多言語対訳聖書(ヘブライ語、ギリシア語、ラテン語、アラム語、en参照)が発刊された。

アルカラの大学はゆっくりと衰退し、1836年、宰相メンディサバルによって永代所有財産解放令が出されると、大学はマドリードに移転した(現在のマドリード・コンプルテンセ大学)。アルカラ市民は共同所有者組合を作り、大学の建物を購入して保持に努めた。19世紀に鉄道が敷かれると産業の発展が始まったが、歴史的な地区には開発は及ばなかった。大学の復活を求める声が高まり、1977年についにアルカラ大学が開校した。

世界遺産[編集]

世界遺産 アルカラ・デ・エナレスの大学とその歴史地区
スペイン
アルカラ大学(サン・イルデフォンソ学校のファサード)
アルカラ大学(サン・イルデフォンソ学校のファサード)
英名 University and Historic Precinct of Alcalá de Henares
仏名 Université et quartier historique d'Alcalá de Henares
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4), (6)
登録年 1998年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

1998年アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。世界で最初の計画的な大学都市であること、都市計画がアメリカ大陸やヨーロッパでのモデルとなったことが評価された。また、登録基準の(6)として、この地で多言語対訳聖書など言語学の発展が見られたこと、セルバンテスを生んだことが人類の知的発展に貢献したとされた。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

世界遺産に登録された区域は、スペインの歴史遺産ともなっており、マドリード州政府や市の自治体によっても保護されている。

交通[編集]

マドリードからは近郊路線(C-1、C-2、C-7)で約35分。5~10分おきに電車が走っている。

ギャラリー[編集]

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg スペインの世界遺産
World Heritage Sites in Spain

文化遺産
コルドバ歴史地区 | グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン |ブルゴス大聖堂 | マドリードのエル・エスコリアルの修道院と遺跡 | アントニ・ガウディの作品群カサ・ミラグエル公園サグラダ・ファミリアカサ・ビセンス)|アルタミラ洞窟 |セゴビア旧市街と水道橋| オビエドとアストゥリアス王国の建造物群 | サンティアゴ・デ・コンポステーラ | アビラ旧市街と市壁外の教会群 | アラゴンのムデハル建築 | 古都トレド | カセレス旧市街 | セビリア大聖堂アルカサルインディアス古文書館 | サラマンカの旧市街 | ポブレー修道院 | メリダの考古遺産群 | サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院 | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | 歴史的城塞都市クエンカ | バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ | ラス・メドゥラス | バルセロナカタルーニャ音楽堂サン・パウ病院 | サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院 | アルカラ・デ・エナーレスの大学と歴史地区 | イベリア半島の地中海沿岸の岩絵 | コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群(ポルトガルと共有) | サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ | タラゴナの考古遺産群 | エルチェの椰子園 | ルーゴのローマ城壁 | バル・デ・ボイのカタルーニャ風ロマネスク様式聖堂群 | アタプエルカの考古遺跡 | アランフエスの文化的景観 | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 | ビスカヤ橋 | ヘラクレスの塔 | シエラ・デ・トラモンターナの文化的景観 | 水銀の遺産アルマデンとイドリヤスロベニアと共有)
自然遺産
ガラホナイ国立公園 | ドニャーナ国立公園 | テイデ国立公園
複合遺産
イビサの生物多様性と文化 | ピレネー山脈のモン・ペルデュフランスと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | スペインの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、スペインの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。