SoftBank 824P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 824P
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2008年7月26日
概要
OS Montavista Linux
CPU UniPhier 4M
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
(2.0GHz(W-CDMA))
形状 折りたたみ式
(ワンプッシュオープン)
サイズ 107 × 49 × 15.9 mm
質量 118 g
連続通話時間 220分
連続待受時間 600時間
充電時間 約130分
外部メモリ microSDHC
FeliCa あり(Faver 2.0対応)
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ放送対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×400ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 96×25ドット
サイズ 0.77インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 200万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ミッドナイトパープル
クリスタルシルバー
ディープピンク
シャンパンゴールド
ルビーレッド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 824P(ソフトバンク はちにいよん ピー)は、パナソニックモバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイル第三世代携帯電話 (SoftBank 3G) 端末である。「MIRЯOR II」の愛称を持つ。2008年7月発売。

主な機能・サービス[編集]

  • 世界対応ケータイ(3G)
  • ICデータ通信対応
主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況
S!速報ニュース
S!情報チャンネル S!FeliCa PCサイトブラウザ
電子コミック S!アプリ(メガアプリ) 着うたフル着うた
デコレメール S!電話帳バックアップ 着デコ
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ(W-CDMA専用)
S!GPSナビ デルモジ表示 ワンセグ
3G ハイスピード S!おなじみ操作 ダブルナンバー

特徴[編集]

823Pと同時発表された端末で、防水機能は無いが角度によって本体表面の色を微妙に変化するハーフミラーのデザインが特徴である(ただし端末色がクリスタルシルバーの場合はミラー部の変化はない)。ワンセグも搭載し3.0インチTFT QVGA液晶を採用し、「モバイルPEAKSプロセッサー」も搭載しているが通常の折りたたみスタイルなのでVIERAケータイの愛称はない。音楽再生機能は前機種のMIRЯOR 821Pでは対応していなかった、S!ミュージックコネクト(Windows Media Audio)・SD-AudioAAC/AAC+SBR)に対応し、高音質の音楽再生を実現する「リ・マスター」を搭載した。

また、823Pと同じく、ヒンジ部に「ワンプッシュオープンボタン」を搭載している。

ワンセグ[編集]

  • 連続視聴時間
    通常時:約5時間10分
    ECOモード時:約6時間45分
  • モバイルPEKASプロセッサー搭載

不具合[編集]

2009年5月14日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ブラウザ使用中に、特定の操作を行う事でリセットする場合がある
  • 特定のデコレテンプレートをダウンロードするとリセットする場合がある
  • 利用環境によって、電池の使用時間が短くなる場合がある

2010年6月15日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • アプリによるパケット通信中にカメラを起動した場合、それ以降、ごくまれにパケット通信ができなくなる

2010年07月30日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • モバイルSuicaアプリが起動できない場合がある

2012年5月30日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ネットワークの状況などにより、コンテンツのダウンロードに失敗してしまう場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]