SoftBank 706SC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SoftBank 706SCソフトバンク ななまるろくエスシー)は韓国サムスン電子が開発したソフトバンクモバイルW-CDMA通信方式の携帯電話端末である。

スペック[編集]

  • サイズ:(幅×高さ×厚さ) 約54×約103.8×約12.3mm
  • 質 量:約89g(電池パック装着時)
  • 連続通話時間:W-CDMA網:約170分、GSM網:約200分
  • 連続待受時間:W-CDMA網:約205時間、GSM網:約245時間
  • 充電時間:160分(急速充電器使用時)
  • 通信方式:W-CDMA GSM900/1800/1900MHz
  • メイン液晶:2.3インチQVGA TFT液晶ディスプレイ (最大26万色)
  • サブ液晶:1行半角11文字(16×96ドット)有機EL(青色1色)
  • カメラ:200万画素CMOSカメラ
  • 内部データフォルダ容量:不明
  • 外部メモリー:microSD、最大1GB
  • PCドキュメントビューワ
  • 辞書機能搭載(合計7万4千語の見出し語を収録)
  • ミュージックプレイヤー
  • 着うたフル
  • Bluetooth
  • S!アプリメガアプリ
  • TVコール
  • トライリンガル(日・英・韓)
  • デルモジ表示対応
  • レコメール
  • 電子コミック

カラーバリエーション[編集]

  • ブルー
  • シルバー
  • ブラック
  • ピンク

特徴[編集]

この機種に前後して発売された705SC707SCと、ハードウェア/ユーザインターフェイス面ではほぼ共通している。但し、スライド型となった705SCとは形状の違い、707SCとは外部メモリに対応している点が違う。また、707SCの簡潔で直線的なデザインに対し、より曲線と曲面を強調した、動感を秘めたデザインが特徴的である。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]