V801SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル V801SH
Vodafone V801sh 1.jpg
Vodafone V801sh 2.jpg
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 シャープ
発売日 2004年4月28日
概要
CPU U100
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA
GSM
(2.0GHz(W-CDMA)
900/1800/1900MHz(GSM))
形状 折りたたみ型
サイズ 102 × 50 × 26 mm
質量 126 g
連続通話時間 120分(W-CDMA網)
180分(GSM網)
連続待受時間 200時間(W-CDMA網)
220時間(GSM網)
充電時間 125分
外部メモリ SDメモリーカード
日本語入力 ケータイShoin2
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.4インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
方式 液晶
解像度 64×96ドット
サイズ 1.2インチ
表示色数 65,536色
メインカメラ
画素数・方式 100万画素CCD
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ノーブルホワイト
プレシャスブラック
シャンハイレッド
マンハッタンゴールド
アテネブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

V801SHは、シャープが開発し、ボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)が販売するW-CDMA通信方式のボーダフォングローバルスタンダード(現 3G)サービスを利用可能な携帯電話端末である。2004年4月発売開始。2008年7月で使用不能となる。

特徴[編集]

一世代前のJ-SH53とほぼ同性能で、Vアプリ(現S!アプリ)が100Kまでであること以外は当時としてはフルスペックな「全部入り」ケータイであった。しかし価格が高価でありVGS端末であったためかあまり売れなかった。なおVGSはVodafone 3G(現Softbank 3G)と違い2G向けのサービスが利用可能である。3G対応のコンテンツが2G対応のコンテンツより少なかった当時3Gの高速な通信速度で2Gの豊富なコンテンツが利用できる端末として一部で注目を集めた。

使用不能となる問題[編集]

ソフトバンクが行っているネットワークに対する新ソフトウェアの導入に伴い、2008年4月の神奈川県・福岡県をはじめ日本全国でネットワークに接続できなくなることが判明した。新ソフトウェアの内容で対応していないことが原因で、同年8月には全国で使用できなくなる。携帯電話端末のソフトウェア自体の問題ではないため、ユーザーが対処する方法は機種変更しかない。そのためソフトバンクはユーザーにDMを送付する。 ソフトバンクモバイル公式発表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]