SoftBank 814T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 814T
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 東芝
発売日 2007年7月14日
概要
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA)
(2.0GHz
形状 折りたたみ型
サイズ 101 × 50 × 12.9 mm
質量 97 g
連続通話時間 160分
連続待受時間 420時間(静止時)
充電時間 120分
外部メモリ microSD(2GBまで)
日本語入力 モバイルRupo
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.4インチ
表示色数 260000色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 72×26ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 196万画素CMOS
機能 AFあり
サブカメラ
画素数・方式 32万画素CMOS
機能 なし
カラーバリエーション
ライトブルー
ローズピンク
ネイビー
ブラウン
チタンシルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 814T(ソフトバンク はちいちよんティー)は、東芝が開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末。2007年7月14日発売。

特徴[編集]

日本国内で初めてチタンを利用した携帯電話で、それにより厚さが12.9mm、重さが約97gと薄型・軽量を実現。数字ボタン・カーソルボタンにはシートタイプを採用。おサイフケータイでは最薄端末である。基本機能はfanfun 815Tと共通。

携帯電話機【814T】の、SARは0.309W/kg。

欠点[編集]

  • イヤホン端子が汎用平型では無い(が、イヤホンのコネクタを加工すれば使える)

平形凸を携帯側から見て凸の右側をカッターで切ってLの逆の形にする ステレオイヤホンをつなぐ。 815Tに差し込む 再生する


  • 市販の汎用充電器が使えない(と言われているが100均のUSB充電で問題無し)。

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
サークルトーク ホットステータス Yahoo!mocoa S!ループ
S!タウン ライブモニター S!CAST S!FeliCa
S!ケータイ動画 PCサイトブラウザ 電子コミック S!アプリ
着うたフル着うた アレンジメール S!アドレスブック 3Gお天気アイコン
レコメール TVコール 国際ローミング S!GPSナビ
デルモジ表示 ワンセグ 3G ハイスピード おなじみ操作

2014年3月8日以降、モバイルSuicaは非対応。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]