J・さいろー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

J・さいろー(ジェイ・さいろー、2月9日[1] - )は、日本漫画家小説家ゲームシナリオライター。「豺狼出版」・「さいろー書店」名義での同人活動もしている。

経歴[編集]

  • 小学4年生の時に母親の購入した『はてしない物語』を読んだことが小説を描くきっかけになる。
  • 1990年株式会社ウルフ・チーム入社。ゲーム企画職に就く。
  • 1991年、ウルフチームが株式会社日本テレネットに再合併。同年9月退社。その後有限会社アイオン立ち上げの発起人の一人となる。
  • 1993年、有限会社アイオン退社。以降フリーとなり同人活動を始める。
  • 1995年、コアマガジン社『漫画ばんがいち』7月号に掲載された『徳川玄徳対エルフの小娘』で漫画家デビュー。
  • 1998年、同人活動の確定申告を始めたため、著述・出版業の個人事業者になる。
  • 1999年、フランス書院『斬! -少女剣客千冬-』で小説家デビュー。

作風[編集]

エピソード[編集]

  • アダルトゲームのシナリオを執筆中にゲームの進行上必要な一枚画が足りずに思い悩み、原画担当へ負担をかけさせまいとして自分でコンテを描いて用意したことがある。
  • ローデビル!』で担当した幼馴染キャラクターの、冒頭での清楚さから物語中盤以降の淫乱な精液中毒キャラクターへの変貌のギャップがネット上の口コミで評判を広げていき、後にソフト単体での通信販売が開始されるほどになった(元々は3本セットで販売されていたうちの1本)。それ以降アダルトゲームのシナリオを手がける機会が増えていった。

作品[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

アダルトゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ J+ J.Sairo official homepage”. 2013年2月22日閲覧。
  2. ^ 宮本直穀『エロゲー文化研究概論』総合科学出版、171頁、2013年

外部リンク[編集]