絶対女王にゃー様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絶対女王にゃー様』は、J・さいろー著、しろ画のライトノベル作品。全3巻。小学館ガガガ文庫刊。

概要[編集]

主人公がとあるチャットサイトで「絶対女王」を名乗る一人の少女と出会ったことをきっかけに、主人公を含め心にどこか歪んだ闇を抱える登場人物たちが少しずつ変わっていく様子を描いた学園小説。作中ではチャットを介した擬似セックスなどのシーンも描かれている。いじめローティーンといったテーマにエロスを加えたジュブナイルポルノは、作者のJ・さいろーの作風の特徴である。

ストーリー[編集]

14歳の輪玖は、幼馴染である香苗が不登校になった原因を探ろうと彼女のパソコンをこっそり覗き、香苗が「にゃー様の宮殿」というエロチャットサイトを頻繁に訪問していることを知る。香苗の不登校の原因調査という名目で自らも「宮殿」に潜入した輪玖だったが、そこの女王様であるにゃー様に気に入られ、頻繁にチャットを交わすようになった。実は香苗がにゃー様なのではないかと疑っていた輪玖だったが、二人の性格があまりにも違うため、結局にゃー様の正体も香苗との関連性もわからないまま、いつしか輪玖は当初の目的から離れにゃー様にチャットで会い擬似セックスをすることに熱中してしまうようになるのだった。

一方、輪玖が部長を務める自然科学部では、県のコンクールに向け湧水調査をすることになった。しかし部員が少なく人手が足りないため、顧問に言われて輪玖は部員だった香苗を説得し、湧水調査に連れ出すことに成功する。そんな中、輪玖はにゃー様から自分を処女だと偽っていた妻を処刑したイヴァン雷帝の話を聞かされた。

かつて幼かった頃、自分を常に気遣ってくれた香苗、香苗を守ると誓った自分。それが今では、真面目さ故に自分を追い込んでしまった香苗と、保身と自己の利益のためにしか動けず香苗を裏切ってしまった輪玖は、いつのまにか変わってしまったそんな自分たちを“処刑”しようと思い立つ。昔のような心地良い関係に戻りたい、そんな思いから輪玖と香苗は手を繋ぎ、新しい道へと歩みだした。

香苗を再登校させることに成功し、クラスのいじめっ子を牽制しつつ順調に過ぎてゆくかに思えた輪玖たちの学園生活だったが、ある日輪玖の前に生き別れの妹が現れたことで、事態はいっそう複雑さを見せてゆくことになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

にゃー様(にゃーさま)
「にゃー様の宮殿」における絶対女王。プロフィールでは自らの年齢を「12さい+?」と紹介している。容赦の無い直球の、しかし的を射た物言いをする。嘘を見抜いたり、りょーの家族が欠けていることを見破ったりといった鋭さを持つ。りょーを気に入って頻繁にチャットをするようになって程なく、行為の最中はにゃー様がりょーの前で痴態を晒すという立場の逆転が起こるようになった。
輪玖(りんく)
主人公で、自然科学部の部長を務める。父の樽人氏と二人暮らし。成績は結華と並ぶレベルだが、人望などの要素を合わせたトータルの面では結華に及ばず、密かに結華を意識している。クラス内では藪亮一らのグループと一定の距離を保ちながら交流し、部活を通じて先生とも連携をとる中間的ポジション。周囲から孤立することを避けたいがために、学校では他人との会話を常に求め、またいじめから不登校になった香苗に手を差し伸べることにも消極的だったためか、にゃー様からは「保身する変態」と言われた。「宮殿」を訪れた最初の日ににゃー様のお気に入りとなり、「離宮」への立ち入りを許可される臣民となった。「宮殿」のリニューアルに伴い、にゃー様の命令でにゃー様の妹「カナエ」を演じるようになる。
毬乃(まりの)
輪玖の妹。2巻で初登場し、当初は本名不詳だったが3巻で本名が判明。輪玖たちの両親が5年前に離婚して以来輪玖とは生き別れになっていたが、母親と仲違いし、夏休み中は輪玖と樽人氏の家に住まうことになった。コスプレとしか言いようのない服装をしているなど、登場当初は輪玖の記憶している5年前の様子とは異なっており、輪玖のことを「兄様」と呼び敬語を話していた。にゃー様の宮殿の存在と輪玖が「りょー」であることを知っており、一時は自分がにゃー様であるかのように振舞い輪玖を困惑させた。兄である輪玖を慕っている。
香苗(かなえ)
輪玖とは幼馴染で、輪玖の尽力によりいじめによる不登校から復帰。自然科学部部員。輪玖に好意を抱いている。輪玖が手をつないでくれることを条件に外出するようになる。
結華(ゆいか)
才色兼備な自然科学部副部長。成績は輪玖と並んで優秀。皆から一目置かれた存在だが、高い成績を取ることにしか心の拠り所を求められないという一面を持つ。特徴的な柑橘系の香りは、実は化粧水によるものであることが判明するなど、本当の自分を隠し、自分を飾り立てている。毬乃からはこの点を見抜かれ、「イミテーション」と呼ばれた。

にゃー様の宮殿[編集]

りょー
「宮殿」内での輪玖のハンドルネーム。中三男子の設定。当初はわざと香苗を不登校にした藪亮一の綽名である「りょう」を名乗っていたが、にゃー様に言われて「りょー」と改名した。
カナエ
にゃー様の宮殿がリニューアルされたのを機に、にゃー様の発案で新規登場させた女王様キャラクター。にゃー様の実妹という設定になっているが、実際はにゃー様に命令された輪玖が演じている。男である輪玖が演じやすいようフタナリキャラであり、カナエという名は「足が三本ある」という意で「」に由来する。初登場以来、宮殿の臣民たちには好評で、特に草食にはにゃー様以上に入れ込まれてしまった。
奴隷一号(どれいいちごう)
にゃー様の臣民。通称「一号」。「宮殿」の管理人。サイトの開設者で、にゃー様の奴隷の中で最古参。にもかかわらず未だににゃー様からは「奴隷一号」と番号でしか呼んでもらえない。
草食系デブ(そうしょくけいでぶ)
にゃー様の臣民。通称「草食」。既婚者で、にゃー様に陰毛を剃るように言われたのを実行し奥さんと喧嘩したことがあるという。リアルでは家族が大事だが、自分の軸足は「宮殿」にあると信じている。「草食系デブ」という名はにゃー様から頂いたもの。
ポン(ぽん)
にゃー様の臣民。32歳、フリーター。サイト内に掲載されているにゃー様のイラストを描いた人物。その褒美として5分だけ音声チャットでにゃー様と会話したことがある。バイトで下半身を露出したまま接客せよというにゃー様の命令を実行しクビになった。「ポン」という名はにゃー様から頂いたもの。

その他の人物[編集]

樽人氏(たるひとし)
輪玖の父親。自分のことは「親父」と呼ばせている。数年前に離婚し、元妻と娘(毬乃)とは別居していた。台所事情は元妻とは対照的に豊か。
安斎 みつば(あんざい みつば)
輪玖たちのクラス担任兼自然科学部顧問で、水生生物マニア。名前を略して「あんみつ」先生と呼ばれる。香苗を再登校させる試みを輪玖に半ば押し付けた。
藪 亮一(やぶ りょういち)
いじめっ子。いじめの火種をあちこちにばら撒いておき、最終的には他の誰かを焚きつけるという狡猾で陰湿な手法をやり口とする。香苗を不登校にした張本人。

用語[編集]

にゃー様の宮殿
奴隷一号が運営するチャットサイト。20のチャットルームと伝言板、プロフィールページからなる。サイト内にはポンが描いたにゃー様のイラストがある。にゃー様と会いたい奴隷は2ショットのチャットルームに入り、コメント欄で呼びかけてにゃー様の声がかかるのを待つ。以下の三つの掟があり、これは開設にあたり奴隷一号が考案した。
  • 一、にゃー様の前では絶対敬語。
  • 二、にゃー様の御意には絶対服従。
  • 三、にゃー様の前では絶対全裸。
離宮
伝言板とオープンチャットのみで構成される。にゃー様に臣民の資格を与えられた者だけが入ることが出来る。単なる奴隷と臣民ではにゃー様の声かけの頻度が大きく異なる。「宮殿」の掟に加え、以下の二つの掟がある。にゃー様が元々言い出した掟はこちらの二つだった。
  • 四、嘘で怒らない。
  • 五、えっちの時は猫になる。

既刊一覧[編集]

外部リンク[編集]