WebOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HP webOSから転送)
移動: 案内検索
WebOS
Palm webOS logo.svg
Palm webOS Launcher.png
Palm webOS Launcher Screen
開発元企業 / 開発者 Hewlett-Packard
プログラミング言語 C, C++
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル クローズドソース, 一部GPL[1]
最新安定版リリース 3.0.2 / 2011年8月1日(4年前) (2011-08-01
対象市場 スマートフォン, タブレット
使用できる言語 英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語
対応プラットフォーム ARM
カーネル種別 モノリシック (Linux)
ライセンス HP EULA
ウェブサイト Palm Developer Website
サポート状況
supported
テンプレートを表示

WebOSは、2009年から旧Palm(現在HPの一部門) によって開発された、スマートフォンタブレットなど携帯機器向けのオペレーティングシステムおよび LinuxWebKit を中核としたソフトウエアプラットホームである。

2011年にはHPが独自開発を放棄してオープンソース化され、2013年に韓国LG電子がHPから事業を取得した。LG電子はWebOSを主としてスマートTVのOSとして利用すると目されていたため、この取り引きはWebOSの汎用モバイルOSとしての事実上の死を意味するとメディアに評された[2]

以上の目まぐるしい変遷ゆえに、Palm webOSHP webOSOpen webOSLG webOSといった名称も用いられる。

概要[編集]

2009年1月ラスベガスConsumer Electronics Show(CES)にて初代webOS搭載機としてPalm Pre(米Sprint Nextel社2009年6月6日発売)が発表された。Palm Treoの販売低迷、モバイルコンパニオン Palm Foleoの販売中止と経営が危ぶまれていたパーム社が起死回生を掛けて開発し、世界的に成功を収めつつあるiPhoneを強く意識した設計となっている。

iPhoneと同様にiTunesとの同期が可能(Palm Media Sync)で、マルチタッチスクリーンをサポートしている。自機とウェブ上の情報をシームレス検索する「ユニバーサル検索」・「Twitter検索」・Palm Pre、PC、Webサイト上のアカウント情報などを一元管理できる「Palm Synergy」機能を備える。

マルチタスク機能を備え、HTML5JavaScriptCSSなどのウェブ標準技術によるアプリケーション開発を前提としており、インターネットとの融合を強く意識した設計となっている。

開発環境としてwebOS SDK(Palm Mojo SDK)を提供し、Palm Pre用アプリケーションストア「App Catalog」を開設している。

従来のPalm OS開発者向けに「Classic」というPalm OS用エミュレーターも提供すると発表された。

ウェブブラウザはiPhone同様WebKitをベースにストリーミングビデオ(RTSP、H.263、H.264)をサポートする。アドビシステムズもwebOS用Flash Playerを10.1以降から提供している。

2011年7月1日HP TouchPadを発売。

2011年8月18日、HPはwebOS事業の閉鎖を発表した[3]。発売したばかりの HP TouchPad 、HP Pre 3を含め、全商品の生産終了が発表された。しかし同年9月22日にCEOに就任したメグ・ホイットマンが事業継続に再びかじを切り、12月9日にオープンソース化を発表した[4][5]

2013年2月26日、LGはwebOS事業をHPから取得した。2014年、LGの薄型TVの一部にwebosが搭載され販売されている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]