メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

""選り抜き記事

ステンレス鋼製のカトラリー

ステンレス鋼とは、に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 % 以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。1910年代前半ごろに発明・実用化された

ステンレス鋼の耐食性の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。一口にステンレス鋼と言っても、実際には多様なステンレス鋼の種類が存在しており、耐食性がより高い鋼種、高強度な鋼種、磁性を持つ鋼種、非磁性の鋼種、極低温でも脆化しない鋼種などがある……


""新しい記事

  • 三つ山問題は、スイス発達心理学ジャン・ピアジェによって開発された課題である。ピアジェは、認知発達に基づく発達心理学理論を提唱した。彼の理論によれば、認知発達は4つの段階に分けられる。この4段階とは、感覚運動段階、前操作段階、具体的操作段階、および形式的操作段階である。……
  • 牧神の午後』は、ジェローム・ロビンズ振付によるバレエ作品である。ドビュッシーの楽曲『牧神の午後への前奏曲』を用い、二人の若いダンサーがリハーサルスタジオで出会う様子を描いている。本作に影響を与えたのは、ドビュッシーの楽曲の発想源となったマラルメの詩『半獣神の午後』と、……
  • は、『山海経』「南山経」に記載される怪鳥。梟に似た人間の手を持つ鳥で、鴸が現れた場所では多くの官吏が追放されるという不吉な鳥。鴸は「シュ」(「ショ」)と読むと日本の字引にみえる。中国読みは「ジュ」。形状はに似て、人の手をもつ怪鳥が、柜山に棲んでいると『南山経』に記される。……

""新しい画像

""強化記事

""今日は何の日 9月27日

""ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。