駐日ミャンマー大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駐日ミャンマー大使館
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都品川区北品川4-8-26
座標 北緯35度37分10.5秒 東経139度44分9.9秒 / 北緯35.619583度 東経139.736083度 / 35.619583; 139.736083座標: 北緯35度37分10.5秒 東経139度44分9.9秒 / 北緯35.619583度 東経139.736083度 / 35.619583; 139.736083
開設 1962年
大使 トゥレイン・タン・ズィン
ウェブサイト www.myanmar-embassy-tokyo.net

駐日ミャンマー大使館[1]英語: Embassy of Myanmar in Japan)は、ミャンマー(旧・ビルマ)が日本首都東京に設置している大使館である。

略史[編集]

第二次世界大戦中、現在の東京都品川区北品川3-3-2に相当する場所に駐日ビルマ大使館英語: Embassy of Burma in Japan)が置かれていたが、米軍による東京大空襲で全焼した[2]。その後、ビルマはイギリスに、日本はアメリカ合衆国に占領されて外交主権を喪失し、日緬両国間の大使交換も停止した。

日緬両国が再独立した後の1954年11月5日、当時ビルマの首都であったラングーン(現・ヤンゴン)で日本国とビルマ連邦との間の平和条約(日緬平和条約)が締結され、日本とビルマの両国が国交再開に合意した[3]1962年、ビルマが大使館の用地として土地を購入、取得する[4]1989年6月18日、ビルマが国名をミャンマーに改称して[5]、これに伴い東京の大使館も駐日ミャンマー大使館と改称された。

所在地[編集]

日本語 〒140-0001 東京都品川区北品川4-8-26[6]
英語 4-8-26, Kita-shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0001[6]

大使[編集]

2015年10月21日より、トゥレイン・タン・ズィン特命全権大使を務めている[7]

歴代大使からはヤンゴン市長を輩出している。2005年から2010年にかけて駐日大使を務めていたフラ・ミン英語版が、2011年から2016年にかけてヤンゴン市長として奉職した[8]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]