駐日リビア大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駐日リビア大使館
سفارة ليبيا في اليابان
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都渋谷区代官山町10-14
座標 北緯35度39分3.4秒 東経139度42分16.8秒 / 北緯35.650944度 東経139.704667度 / 35.650944; 139.704667座標: 北緯35度39分3.4秒 東経139度42分16.8秒 / 北緯35.650944度 東経139.704667度 / 35.650944; 139.704667
開設 1971年8月
大使 アメッド・エム・アール・ナイリ(臨代)
ウェブサイト www.lytokyo.org

駐日リビア大使館アラビア語: سفارة ليبيا في اليابان‎、英語: Embassy of Libya in Japan)は、リビア日本首都東京に設置している大使館である。在東京リビア大使館アラビア語: سفارة ليبيا في طوكيو‎、英語: Embassy of Libya in Tokyo)とも呼ばれる。また、1980年から2011年にかけての名称は、大使館ではなく人民事務所であった[1]

沿革[編集]

  • 1957年6月、日本がリビア王国と外交関係を樹立する[1]
  • 1969年9月、ムアンマル・アル=カッザーフィー(カダフィ)主導のクーデターアラビア語版英語版によってリビアの王政が崩壊したが、日本との国交は継承[1]
  • 1969年11月、リビアで暫定憲法が公布され、アル=カッザーフィーを議長とする革命評議会が最高統治機関として君臨するリビア・アラブ共和国が成立する[1]
  • 1971年8月、駐日リビア・アラブ共和国大使館アラビア語: سفارة الجمهورية العربية الليبية في اليابان‎、英語: Embassy of the Libyan Arab Republic in Japan)が開館[1]
  • 1977年3月、アル=カッザーフィーがジャマーヒリーヤ宣言(人民主権確立宣言)を発表し、国名をリビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国に改称する[1]
  • 1977年3月、東京の大使館が駐日リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国大使館アラビア語: سفارة الجماهيرية العربية الليبية الشعبية الاشتراكية في اليابان‎、英語: Embassy of the Socialist People's Libyan Arab Jamahiriya in Japan)に改称される[1]
  • 1980年1月、東京の大使館が駐日リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国人民事務所アラビア語: المكتب الشعبي للجماهيرية العربية الليبية الشعبية الاشتراكية في اليابان‎、英語: People's Bureau of the Socialist People's Libyan Arab Jamahiriya in Japan)に改組される[1]
  • 1986年、国名が大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国に改称され(「大」の追加)[2]、東京の人民事務所が駐日大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国人民事務所アラビア語: المكتب الشعبي للجماهيرية العربية الليبية الشعبية الاشتراكية العظمى في اليابان‎、英語: People's Bureau of the Great Socialist People's Libyan Arab Jamahiriya in Japan)に改称される
  • 2011年8月、1969年のクーデターから42年間リビアを統治していたアル=カッザーフィーが逃亡して反体制派が首都トリポリを占領、ジャマーヒリーヤ体制が崩壊したが、日本との国交は継承[1]
  • 2011年9月、国名がリビアに改称され、東京の人民事務所が駐日リビア大使館に改組される[1]

所在地[編集]

日本語 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町10-14[3]
英語 10-14, Daikanyama-chō, Shibuya-ku, Tokyo 150-0034[3]

大使・書記[編集]

2017年7月26日より、アメッド・エム・アール・ナイリ全権公使臨時代理大使を務めている[4]

ジャマーヒリーヤ体制下の人民事務所では、書記英語: Secretary)または代理書記(書記代行、英語: Acting Secretary)が館長を務めていた。例えば、1989年2月に執り行われた昭和天皇大喪の礼にリビア代表として参列したのは、駐日リビア人民事務所のターヒル・アリー・マルワーン(マルワン)代理書記である[5]

著名な在勤者[編集]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]