旧下関英国領事館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧下関英国領事館
旧下関英国領事館
情報
旧名称 下関英国領事館、下関市考古館
用途 記念館、ギャラリー、カフェ・レストラン
旧用途 領事館
設計者 ウィリアム・コーワン(英国政府工務局上海事務所建築技師長)
建築主 イギリス帝国
管理運営 下関市
構造形式 レンガ造、桟瓦葺、本館2階建、附属屋平屋建
敷地面積 558.03 m²
建築面積 248.2(本館170.6、附属屋ギャラリー77.6) m²
延床面積 410.91(本館329.97、附属屋ギャラリー80.94) m²
着工 1906年(明治39年)1月
竣工 1906年(明治39年)8月9日上棟
所在地 750-0005
山口県下関市唐戸町4-11
座標 北緯33度57分25秒 東経130度56分35.5秒 / 北緯33.95694度 東経130.943194度 / 33.95694; 130.943194座標: 北緯33度57分25秒 東経130度56分35.5秒 / 北緯33.95694度 東経130.943194度 / 33.95694; 130.943194
文化財 国の重要文化財
指定・登録等日 1999年平成11年)5月13日
テンプレートを表示
玄関上部の紋章
2階、領事室

旧下関英国領事館(きゅうしものせきえいこくりょうじかん)は領事館用途で建設された日本における現存最古の建築である。所在地は山口県下関市唐戸、竣工は1906年明治39年)で、1999年平成11年)5月13日に国の重要文化財に指定されている。

歴史[編集]

日清戦争後、朝鮮半島の政治経済的重要性に鑑み、駐日英国大使アーネスト・サトウの本国への具申により、1901年(明治34年)9月、英国政府は下関への領事館設置を決めた。初代領事に就任したプレイフェアは領事館設置位置を下関側にすべきか門司側にすべきか、既存建物を借りるか新営すべきか検討していたところ、1902年7月になり、山県有朋下関市長の斡旋で赤間町26番地に決めた。英国工務局上海事務所から技師長ウィリアム・コーワンが当地を訪れ、敷地調査の上、設計に取りかかった。コーワンは英国工務局本庁を説得して、大胆にもクィーン・アン様式の設計案を完成させたが、日露戦争勃発のため工事は順延となった。日露戦争後、神戸から工事管理者を雇い工事が始まった。当館は1941年昭和16年)まで英国領事館として使用された後、1954年(昭和29年)に下関市の所有となった。以降、下関警察署唐戸派出所(1968年まで)、下関市考古館(1986年まで)、保存修理に伴う休館(2008年~)を経た2014年7月の再オープン後は記念館・市民ギャラリー等、公共の施設として利用され続けている。

施設[編集]

  • 本館
    • 1階 - 展示および情報スペース(旧領事官室の再現、下関市と英国との交流の歴史)
    • 2階 - 「英国館」(カフェパブレストラン)、ミーティングルーム
    • 屋根裏部屋
  • 附属屋 - ギャラリー

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 1階:9時~17時、 2階:9時~22時 、「英国館」:10時~22時
  • 休館日 - 火曜、年末年始、臨時休館あり

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

参考文献[編集]

  • 「重要文化財旧下関英国領事館」(入館案内)
  • 泉田英雄「東アジアにおけるイギリス公館建築の営繕に関する研究ノート」『建築史学』、1993年。
  • 泉田英雄『旧下関英国領事館建築に関する文献調査報告書』、下関教育委員会、2011年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]