銭其シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「銭其琛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
銭其琛
Qian-Qichen.jpg
プロフィール
出生: (1928-01-05) 1928年1月5日
死去: (2017-05-09) 2017年5月9日(89歳没)
出身地: 中華民国の旗 中華民国江蘇省嘉定県
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 錢其琛
簡体字 钱其琛
拼音 Qián Qíchēn
和名表記: せん きしん
発音転記: チェン・チーチェン
テンプレートを表示

銭 其琛(せん きしん 1928年1月5日 - 2017年5月9日)は中華人民共和国政治家外交官

経歴[編集]

1945年から1949年までは上海市の新聞社『大公報』の社員として勤務しながら、中国共産党の上海市地下党委員として活動。1953年共産主義青年団中央弁公庁研究員。1954年から1年間、ソ連中央団校で学ぶ。同時期に留学していた江沢民総書記、李鵬総理らと共にソ連留学組の1人。

1955年、駐ソ大使館二等書記官、留学生処副主任、研究室主任。1966年文化大革命が起きると下放される。1972年に復活し、駐ソ大使館参事官となる。1974年8月、駐ギニアギニアビサウ大使、1976年11月外交部報道局長。

1982年4月に外交部副部長(次官)に昇格。1987年、中ソ国境交渉の中国側代表団団長としてソ連を訪問し交渉に当たる。

1988年4月12日、第7期全人代第1回会議の決定により外交部長外務大臣)に就任し[1]、1998年に唐家璇に譲るまでその職にあり、江沢民政権時代の中国外交を支えた。その間に2度ソ連を訪れ、関係正常化を実現した。1991年4月8日には国務委員(副首相級)の兼任となり[2]1991年5月にモスクワで中ソ東部国境協定英語版に調印している。1992年には大韓民国との国交正常化にも成功した。

1993年3月29日、第8期全人代第1回会議の決定により国務院副総理兼外交部長に任命[3]江沢民党総書記最高指導者)の外遊に随行して、アメリカ合衆国ドイツイギリスフランス日本といった各国を訪問。なお1989年昭和天皇大葬の礼には楊尚昆国家主席特使として出席し、東京インドネシアスハルト大統領と国交正常化交渉開始で合意する弔問外交を行った[4]

1994年、江沢民総書記をトップとした党中央対台湾工作領導小組副組長に就き、台湾工作でも指導的地位を占める。李登輝総統がコーネル大学の講演で「中華民国」と何度も繰り返し使ったことに対して、アメリカに対して抗議しないとする江沢民と意見が分かれたとされる。

1996年全国人民代表大会常務委員会香港特別行政区準備委員会予備工作委員会主任に就任。中国代表団として香港返還式典に出席。

2003年3月、国務院副総理を退任して政界から引退し、のち北京大学国際関係学院名誉院長を務めた。

第12期から第15期党中央委員。第14期・第15期党中央政治局委員。

2017年5月9日、病気のため北京で死去[5]。89歳没。

天皇訪中による天安門制裁解除の裏側[編集]

天安門事件直後の1989年6月21日、日本政府は第3次円借款の見合わせを通告し、フランスなどもこれに応じた。7月の先進国首脳会議(アルシュ・サミット)でも中国の民主化弾圧を非難し、世界銀行の中国に対する新規融資の延期に同意する政治宣言が発表された。ただし、当時の日本の宇野宗佑首相はアルシュ・サミット前に対中制裁反対派及び慎重派[6]中曽根康弘鈴木善幸竹下登元首相と会談し、サミットでは「中国を孤立させるべきではない」と主張[7][8]して宣言に盛り込ませたことで他の西側諸国と距離感が目立った。江沢民は、総理退任後の1990年5月7日に宇野が訪中した際にこのことへの感謝を述べた[7]

円借款自体は1991年8月に宇野の後任である海部俊樹首相の訪中によって再開されたものの、中国には天安門事件のイメージを国際社会から払拭する必要があった。そのために江沢民総書記は1992年4月6日に田中角栄への見舞いも兼ねて訪日した際に天皇を中国に招待、同年10月に今上天皇皇后は中国を訪問することになる[9]。天皇訪中は日中関係史で歴史的な出来事だったが、1988年から10年間外交部長外務大臣)として、1993年から2003年まで国務院副総理として15年間、江沢民時代の外交を支えた銭は回顧録で日本は最も結束が弱く、天皇訪中は西側諸国の対中制裁の突破口という側面もあったと明かしている[10]

脚注[編集]

  1. ^ 中華人民共和国主席令(七届第2号) (中国語)
  2. ^ 中華人民共和国主席令(七届第43号) (中国語)
  3. ^ 中華人民共和国主席令(八届第2号) (中国語)
  4. ^ 「[社説]中国・インドネシア和解に道つけた東京会談」1989年2月27日読売新聞朝刊
  5. ^ 中国の銭其シン元副首相が死去、日本海新聞、2017年5月10日
  6. ^ 「日本現任和前任首相反対制裁中国」人民日報、1989年7月10日
  7. ^ a b “天安門事件とアルシュ・サミット”. 朝日新聞デジタル. (2004年8月5日). http://www.asahi.com/international/aan/column/040805.html 2016年10月18日閲覧。 
  8. ^ “第13代 宇野 宗佑”. 自由民主党. https://www.jimin.jp/aboutus/history/prime_minister/100337.html 2016年10月18日閲覧。 
  9. ^ 『人民画報』の日本語ホームページ[1]
  10. ^ 銭其琛著濱本良一訳『銭其琛回顧録:中国外交20年の証言』3,p129、東洋書院、2006

外部リンク[編集]

中国外交部の公式サイト

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
呉学謙
外交部長
1988年 - 1998年
次代:
唐家璇