鈴木唯人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 唯人 Football pictogram.svg
名前
愛称 ユイト
カタカナ スズキ ユイト
ラテン文字 SUZUKI Yuito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (2001-10-25) 2001年10月25日(21歳)
出身地 神奈川県三浦郡葉山町
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 清水エスパルス
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足
ユース
横浜F・マリノスプライマリー追浜
葉山中学校
市立船橋高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2020- 日本の旗 清水エスパルス 63 (2)
代表歴2
2019  日本 U-18 3 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月20日現在。
2. 2019年3月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鈴木 唯人(すずき ゆいと、2001年10月25日 - )は、神奈川県三浦郡葉山町出身のプロサッカー選手Jリーグ清水エスパルス所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)

来歴[編集]

クラブ[編集]

横浜FMプライマリー追浜葉山中学校を経て、市立船橋高校へ進学。2年生から頭角を現し、3年生では10番を背負った。[1][2]

2020年より、清水エスパルスへ加入した[3]。7月4日、第2節の名古屋グランパスエイト戦で先発デビューを果たした[4]

2021年3月27日、ルヴァンカップ第2節のベガルタ仙台戦でプロ入り初ゴールを決めた。[5] 同年6月23日、明治安田生命J1リーグ第19節アウェイベガルタ仙台戦にてリーグ戦初ゴールを記録。 [6]

2022年2月26日、第2節のジュビロ磐田との静岡ダービーでは開幕から2試合連続ゴールを決めた。[7]

代表[編集]

2022年1月、それまでに「キリンチャレンジカップ2022」ウズベキスタン戦のメンバーに招集されていた前田大然旗手怜央セルティックFCへの移籍により両選手が不参加となったため、松岡大起と共に追加招集されることが決まった。これにより20歳でA代表初選出となった。 [8]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 清水 37 J1 30 0 2 0 - 32 0
2021 23 33 2 3 1 1 0 37 3
通算 日本 J1 63 2 5 1 1 0 69 3
総通算 63 2 5 1 1 0 69 3

タイトル[編集]

代表[編集]

U-21日本代表
  • ドバイカップU-23(2022年)

代表歴[編集]

  • 日本高校選抜
    • デュッセルドルフ国際ユース大会(2019年)
  • U-18日本代表
    • UAE遠征(2019年)
  • U-21日本代表
    • ドバイカップU-23(2022年)
    • AFC U23アジアカップ(2022年)
    • 欧州遠征(2022年)
  • U-22日本代表
    • AFC U-23アジアカップ・予選(2021年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “<ルーキー紹介>清水MF鈴木唯人 万能型のアタッカー”. 静岡新聞. (2020年1月28日). https://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/spulse/topics/731028.html 2020年2月9日閲覧。 
  2. ^ “U-18日本代表 UAE遠征メンバー・スケジュール(3/18-25)【SportChain Cup UAE】” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年3月15日), http://www.jfa.jp/national_team/u18_2019/sportchain_cup/news/00020755/ 2020年2月9日閲覧。 
  3. ^ “鈴木 唯人選手(船橋市立船橋高) 来季新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2019年10月4日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/43560/ 2020年2月9日閲覧。 
  4. ^ 昨年の市船10番鈴木唯人が堂々J1デビュー!「出来る感覚あった」と本人も好感触ゲキサカ(2020年7月4日)2020年7月4日閲覧。
  5. ^ 19歳清水鈴木、プロ初弾が決勝点「良いきっかけ」日刊スポーツ(2021年3月27日)2021年3月27日閲覧。
  6. ^ 清水・鈴木唯人、リーグ戦初ゴールがチームJ1通算1350得点メモリアル弾 仙台戦今季3連勝スポーツ報知 (2021年6月24日)2022年1月6日閲覧。
  7. ^ 清水鈴木唯人、96年ノボリ以来の開幕2戦連発 3季ぶり「静岡ダービー」制す日刊スポーツ(2022年2月26日)2022年2月26日閲覧。
  8. ^ セルティック移籍の前田&旗手が不参加…日本代表に清水MF松岡大起&MF鈴木唯人を追加招集ゲキサカ (2022年1月5日)2022年1月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]