酒田短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
酒田短期大学
大学設置/創立 1966年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人瑞穂学園
本部所在地 山形県酒田市豊里下西割38
学部 経済学科
テンプレートを表示

酒田短期大学(さかたたんきだいがく、英語: Sakata Junior College)は、山形県酒田市豊里下西割38に本部を置いていた日本私立大学である。1966年に設置。大学の略称は酒短。 学生募集は2002年度まで。翌年度より短期大学は学生募集を停止し、2004年7月20日に正式廃止[1]2008年頃までは、使われなくなった校舎の一部が有料老人ホーム「シルバーホームコスモス」として再利用されていた。

概要[編集]

  • 学校法人瑞穂学園が経営。1966年学校法人林昌学園によって東北短期大学として設置された。設置学科は経済科のみ。
  • 「経営起業」・「国際ビジネス」・「観光・地域デザイン」・「農業経営者」の各コースからなっていた。外国語教育にも力を入れており、英語のほか中国語も設けられていた。
  • 理念は「危機管理に強い経営者養成」で、国際性重視を基本理念とする。経営母体は国際自然環境学園グループの一つである。クリスマスには「雪と光の祭典」を行っていた。

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山形県酒田市豊里下西割38

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 経済学科

取得資格について[編集]

TOEFLTOEIC通関士旅行業務取扱主任者資格などの資格取得支援が行なわれていた。かつて、中学校教諭二種免許状職業)の課程が設けられていた時期もあった。1993年度入学生より中学校教諭免許(社会)が取得できるように申請していたこともあった[6]

附属機関[編集]

  • 図書館:地域開放を行っていた。
  • 総合研究所

研究[編集]

総合研究所にて「環境アセス廃棄物処理の研究」・「地域観光資源の活性化」・「郷土料理の研究」などが行われていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパス近隣は田園地帯で西には小さな森林があり、その東側には新井田川南北に流れていた。
  • 敷地内には地元の農産物直売所が設けられていた。

[編集]

  • 酒田短期大学の寮は「みずほ寮」と呼ばれ、JR羽越本線酒田駅にあった。入寮定員は男子24、女子36と女性の方がやや優遇されていた感じではあった。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

関係校[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 学校の定員の2倍を超える多数の中国人留学生を不法に受け入れ、学生ビザでの日本への労働目的の入国の足掛かりにさせた。そのことが引き金になり資金繰りが悪化、2002年に事実上廃校になった。文部科学省が運営する学校法人瑞穂学園に対し2004年に解散命令を出した。国所轄の学校法人への解散命令は初めてとなった[7]みずほ学園短期大学と改称して新学科を設立するという再建策が出されたが実現しなかった[8]
  • この中国人留学生が、都心に出て水商売や風俗の仕事に従事していたことから、「日本にはセックステクニックを教える売春婦養成大学がある」という噂が外国人を中心に流れたことを石井光太が紹介している[9]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』257頁より。
  2. ^ 以上、昭和42年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)29頁より。
  3. ^ 昭和63年度版『総覧』51頁より。
  4. ^ 昭和64年度版『総覧』53頁より。
  5. ^ 1991年度版『総覧』54頁より。
  6. ^ a b 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)182頁
  7. ^ 中田薫+中筋純 『廃墟手帳』 ミリオン出版 ISBN 978-4813021100、128p
  8. ^ 酒田短大が名変え学生募集 資金繰りのめどないまま [リンク切れ]
  9. ^ 石井光太 『日本人だけが知らない 日本人のうわさ 笑える・あきれる・腹がたつ光文社新書 448 ISBN 978-4334035525、216-218p

関連項目[編集]