西中金駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西中金駅
旧西中金駅駅舎(2002年)
旧西中金駅駅舎(2002年)
にしなかがね
NISHI NAKAGANE
三河広瀬 (2.8km)
所在地 愛知県豊田市中金町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称山線)
キロ程 29.9km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
207人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1928年(昭和3年)1月22日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日
テンプレートを表示

西中金駅(にしなかがねえき)は、かつて愛知県豊田市中金町にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

歴史・概要[編集]

三河鉄道時代には紅葉で有名な香嵐渓のある足助町(現豊田市)まで延伸する予定だった[1]。だが、世界恐慌による資金不足や戦争などの影響で当駅以降は延伸が進まず、名古屋鉄道合併後も事業免許は得ていたものの、最終的には断念して事業免許を返却した[1]。足助方面への延伸のために用地買収されたその先の土地は道路として残っている。

西中金駅の旧駅舎の待合室を豊田市が改装し、住民組織「西中金駅愛護会」が運営する喫茶店「西中金ふれあいステーション」が、2015年(平成27年)11月14日に営業開始した[2]

年表[編集]

駅の構造[編集]

ホーム1本のみの棒線駅で、開業から遅れて1930年昭和5年)に木造平屋の駅舎が建てられた[1]。この終着駅らしくない構造は、本来足助方面への延長までの暫定的な終着駅とされていたためである。また、駅名標には足助方面への延長を予定していたためか、名鉄バスによる先行措置により「足助方面自動車連絡」と書かれていた。廃止後の2007年平成19年)に駅舎とホームが国の登録有形文化財に登録された[1](所有者は名鉄のままである)。

配線図[編集]

西中金駅 構内配線略図

足助方面
(未成線)
西中金駅 構内配線略図
猿投方面
凡例
出典:[4]


駅周辺[編集]

利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は678人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中258位、 三河線(38駅)中25位であった[5]
  • 『愛知統計年鑑』によると2003年度の乗車人員は1日平均207人であった[6]。2003年度までの1日平均乗車人員は下表の通り。
年度 1日平均
乗車人員
1998年 224 [7]
1999年 198 [8]
2000年 219 [9]
2001年 207 [10]
2002年 176 [11]
2003年 207 [6]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
西中金駅 - 三河広瀬駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 名鉄三河線旧西中金駅駅舎・プラットホーム”. 文化財ナビ愛知 (2011年5月6日). 2014年11月22日閲覧。
  2. ^ a b 河北彬光 (2015年11月15日). “駅舎カフェ 笑顔オーライ 豊田・旧西中金駅で開店”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 豊田版 22 
  3. ^ a b c d e f g h 新實守 『写真で見る三河線誕生百年』 新實守、2015年、129頁。
  4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」
  5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  6. ^ a b 平成17年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  7. ^ 平成12年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  8. ^ 平成13年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  9. ^ 平成14年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  10. ^ 平成15年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  11. ^ 平成16年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員

関連項目[編集]