三河旭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三河旭駅
廃止後の三河旭駅(2009年)
廃止後の三河旭駅(2009年)
みかわあさひ - MIKAWA ASAHI
棚尾 (0.7km)
(1.5km) 中畑
所在地 愛知県碧南市志貴崎町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 20.8km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
47人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1926年(大正15年)9月1日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日

三河旭駅(みかわあさひえき)は、かつて愛知県碧南市志貴崎町1丁目にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

歴史[編集]

三河鉄道は大浜港駅(現・碧南駅)から平坂方面へ路線を延伸する際、当初の計画では玉津浦海水浴場への輸送を考慮した海岸沿いのルートで西尾鉄道港前駅に至る予定であった[1]

一方、棚尾町旭村説もあり)が同時期に三河鉄道に対して駅設置の誘致運動を展開しており、延伸のための用地提供を提言していた。資金繰りが苦しかった三河鉄道はこの提案を受けてルートを変更したが、(予定より手前に設置したとはいえ)大浜港駅から見て南に位置する玉津浦駅と、ほぼ東に位置する三河旭駅などを一本の線路で結んだため、線形がS字状に蛇行する形となってしまった[1]

この線形のため、かつては三河旭駅で上り列車に乗り遅れた場合、3つ先の碧南駅や4つ先の新須磨駅(現:碧南中央駅)まで自転車で移動すれば、碧南駅で交換停車することもあって逃した列車に追いつけたという(三河旭・新須磨間の直線距離は約2.1kmで、信号機などがなかった当時は自転車なら8分で移動できたが、列車は蛇行した3.9kmの線路を進み、碧南駅で交換待ちを行うため、10 - 11分程度を要した)[2]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線で列車交換可能であったが、晩年は1面1線のみになっていた。

配線図[編集]

三河旭駅 構内配線略図

碧南方面
三河旭駅 構内配線略図
吉良吉田方面
凡例
出典:[3]


利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は148人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中325位、 三河線(38駅)中36位であった[4]
  • 『愛知統計年鑑』によると2003年度の乗車人員は1日平均130人であった[5]。2003年度までの1日平均乗車人員は下表の通り。
年度 1日平均
乗車人員
1998年 52 [6]
1999年 47 [7]
2000年 38 [8]
2001年 38 [9]
2002年 41 [10]
2003年 47 [5]

駅周辺[編集]

  • 市立日進小学校

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
棚尾駅 - 三河旭駅 - 中畑駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新實守「三河線列車乗務員の想い出記」、『鉄道ピクトリアル』第771巻、電気車研究会、2006年1月、 133頁。
  2. ^ 新實守「三河線列車乗務員の想い出記」、『鉄道ピクトリアル』第771巻、電気車研究会、2006年1月、 134頁。
  3. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ a b 平成17年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  6. ^ 平成12年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  7. ^ 平成13年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  8. ^ 平成14年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  9. ^ 平成15年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  10. ^ 平成16年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員

関連項目[編集]