港前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港前駅
駅跡に設置された港前バス停留所
駅跡に設置された港前バス停留所
みなとまえ
MINATOMAE
平坂口 (0.6km)
(0.2km) 平坂臨港
所在地 愛知県西尾市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 平坂支線
キロ程 4.5km(西尾起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(晩年)
開業年月日 1914年大正3年)10月30日
廃止年月日 1960年昭和35年)3月27日
備考 港前・平坂臨港間は1916年(大正5年)に廃止。
テンプレートを表示

港前駅(みなとまええき)は、かつて愛知県西尾市にあった、名古屋鉄道平坂支線

旧・幡豆郡平坂町(現・西尾市)の中心駅であった。駅名の由来となった平坂港は、江戸時代西尾藩によって開かれた港であり、かつては西三河地域における物流拠点であった。

概要[編集]

  • 晩年の状況は1面1線のホームで側線、駅舎も存在した。

歴史[編集]

  • 1914年(大正3年)10月30日 - 西尾鉄道が西尾 - 平坂臨港間を開業させた際に港前(みなとさきとして開業。平坂臨港駅は貨物駅であったため、当駅が旅客扱いの起終点であった。
  • 1916年(大正5年) - 平坂臨港駅廃止。当駅に統合される。
  • 1926年(大正15年)12月1日 - 愛知電気鉄道が西尾鉄道を合併。西尾 - 当駅間は西尾線となる。
  • 1935年(昭和10年)8月1日 - 合併により名古屋鉄道の駅となり、西尾線から分離され平坂線となる。
  • 1941年(昭和16年)2月10日 - 平坂駅に改称する。
  • 1945年(昭和20年)1月13日 - 三河地震により駅舎被災[1]
  • 1948年(昭和23年)5月16日 - 平坂線を平坂支線に改称する。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 元の駅名である港前(みなとまえに改称する。
  • 1960年(昭和35年)3月27日 - 平坂支線の廃止とともに廃駅となる。

その他[編集]

  • 港前駅の跡地の大部分は、そのままバス停に転用されている。平坂支線の代替バスが運行されていたが、利用者の減少もあって幾度となく運行路線の見直しが行われ、停留所東側にあった転回場が廃止となるなど規模が縮小された。

脚注[編集]

  1. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、972頁。

関連項目[編集]