米津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
米津駅
米津駅駅舎(2014年9月)
米津駅駅舎(2014年9月)
よねづ
YONEZU
GN06 南桜井 (2.1km)
(1.4km) 桜町前 GN08
所在地 愛知県西尾市米津町桜道60
駅番号 GN  07 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 西尾線
キロ程 11.6km(新安城起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
942人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1926年(大正15年)7月1日
テンプレートを表示

米津駅(よねづえき)は、愛知県西尾市米津町桜道にある、名鉄西尾線である。駅番号はGN07。急行停車駅である。

駅構造[編集]

4両編成対応の相対式2面2線ホームの行違い可能な地上駅。駅舎は設けられているものの、駅集中管理システム西尾駅管理)導入の無人駅となっている。上下ホーム側に各1箇所ずつ出入口が設けられている。構内踏切で2つのホームはつながっている。

駅構内には6両編成の行き違いが可能な複線部分があるが、ホームの長さは4両分しかない(停止位置の関係上、6両編成は新安城方に2両はみ出す形で停車することになる。現行ダイヤではそのような列車は存在しない)。現在、標準ダイヤでは急行(準急)同士がすれ違う。かつては特急が停車していたが、2008年(平成20年)6月29日のダイヤ改正で通過となった。半径400mのカーブにあり、やや湾曲しているため、1番線には乗務員支援のための監視モニターが設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 GN 西尾線 上り 新安城名古屋方面[1]
2 下り 西尾吉良吉田方面[1]

配線図[編集]

米津駅 構内配線略図

新安城・
名古屋方面
米津駅 構内配線略図
西尾・
吉良吉田方面
凡例
出典:[2]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は1,612人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中189位、 西尾線・蒲郡線(23駅)中9位であった[3]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,471人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中194位、 西尾線・蒲郡線(24駅)中9位であった[4]
  • 『愛知県統計年鑑』によると2010年度の1日平均乗車人員は741人[5]である。

近年の1日平均乗車人員は下表の通り。

年度 1日平均
乗車人員
2006年 612 [6]
2007年 680 [7]
2008年 761 [8]
2009年 706 [9]
2010年 741 [5]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

旧駅舎(2005年撮影)

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
GN 西尾線
特急
通過
急行
桜井駅 (GN05) - 米津駅 (GN08) - 桜町前駅 (GN09)
準急・■普通
南桜井駅 (GN07) - 米津駅 (GN08) - 桜町前駅 (GN09)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ a b 平成24年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  6. ^ 平成20年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  7. ^ 平成21年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  8. ^ 平成22年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  9. ^ 平成23年度刊愛知県統計年鑑 第10章 運輸,通信 鉄道(JRを除く私鉄)駅別乗車人員
  10. ^ 寺田裕一 『改訂新版 データブック日本の私鉄』 ネコ・パブリッシング、2013年、255頁。ISBN 978-4777013364

関連項目[編集]

外部リンク[編集]