玉津浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉津浦駅
廃止後の玉津浦駅(2012年)
廃止後の玉津浦駅(2012年)
たまつうら
TAMATSU-URA
碧南 (0.7km)
(0.9km) 棚尾
所在地 愛知県碧南市塩浜町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 19.2km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
32人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1926年(大正15年)9月1日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日
テンプレートを表示

玉津浦駅(たまつうらえき)は、かつて愛知県碧南市塩浜町3丁目にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム1面1線の停留場であった。晩年はホームに上屋はなかった。かつて当駅付近より貨物線(大浜臨港線運送の専用線)が伸びていた。

配線図[編集]

玉津浦駅 構内配線略図

碧南駅
玉津浦駅 構内配線略図
吉良吉田方面
凡例
出典:[3]


大浜臨港線運送専用線[編集]

玉津浦駅から字大水落(現・岬町2丁目)まで伸びていた貨物側線は「大浜臨港線運送」が所有する専用線であり、大浜口支線と同じく衣浦港船運と鉄道とを中継するために建設された(大浜口支線が堀川で接続したのに対し、当側線は蜆川で接続した)。この側線には特別な名前も無く、一方で碧南駅 - 玉津浦駅間にあった大浜口支線の別称「大浜臨港線」が会社名と被っていた事もあり、両者は混同されやすい[2]

大浜口支線と異なり戦後まで存続し、玉津浦海水浴場への臨時輸送として旅客電車が走った事もあったが、伊勢湾台風の被災により廃止された[2]

利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は83人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中338位、 三河線(38駅)中38位であった[4]
  • 『愛知統計年鑑』によると2003年度の乗車人員は1日平均32人であった[5]。2003年度までの1日平均乗車人員は下表の通り。
年度 1日平均
乗車人員
1998年 38 [6]
1999年 35 [7]
2000年 36 [8]
2001年 38 [9]
2002年 34 [10]
2003年 32 [5]

駅周辺[編集]

  • 市立大浜小学校

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
碧南駅 - 玉津浦駅 - 棚尾駅
大浜臨港線運送
専用線
玉津浦駅 - 玉津浦海岸駅(臨時旅客輸送時の駅名[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]