竹村駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹村駅
駅舎
駅舎
たけむら
TAKEMURA
MY05 土橋 (2.6km)
(2.3km) 若林 MY03
所在地 愛知県豊田市竹町宮下16
駅番号 MY  04 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称山線)
キロ程 8.5km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
2,976人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1920年(大正9年)7月5日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

竹村駅(たけむらえき)は愛知県豊田市竹町にある、名古屋鉄道三河線である。駅番号はMY04

駅構造[編集]

島式1面2線の地上駅である。

通常では進行方向に対して左側に停車するが、この駅は右側に停車する(隣の若林駅も同様)。これはまだ三河線が自動閉塞でなかった頃、タブレットの交換を容易に行えるようにするためや、駅進入時に構内踏切を渡る乗客に対して安全性を確保するために右側通行にした[2] と言われている。実際、当駅のスプリングポイントも右側通行となるように設置されている。

駅集中管理システムを導入した無人駅であり、豊田市駅から遠隔管理されている。また、ワンマン運転支援用のセンサーポールがホーム上に設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 三河線 上り 知立名古屋方面
2 三河線 下り 豊田市猿投方面

配線図[編集]

竹村駅 構内配線略図

豊田市・
猿投方面
竹村駅 構内配線略図
知立方面
凡例
出典:[3]


バス路線[編集]

駅周辺[編集]

駅前には休耕田が広がる。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,976人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中143位、 三河線(23駅)中16位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は2,583人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中152位、 三河線(38駅)中15位であった[4]
  • 『豊田市統計書』によると1日平均あたりの乗降客数は、2008年度2,746人、2009年度2,697人である。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 右側通行についてのみ:名鉄沿線おでかけマガジン Wind 2013年1月号より
  3. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ a b c d 新實守 『写真で見る三河線誕生百年』 新實守、2015年、126頁。
  6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、216頁。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線
土橋駅 - 竹村駅 - 若林駅

関連項目[編集]