北新川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北新川駅
駅舎 (2009年12月)
駅舎 (2009年12月)
きたしんかわ
KITA SHINKAWA
MU07 高浜港 (1.8km)
(1.0km) 新川町 MU09
所在地 愛知県碧南市久沓町四丁目19
駅番号 MU  08 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 14.8km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
3,032人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1914年大正3年)2月5日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

北新川駅(きたしんかわえき)は愛知県碧南市久沓町四丁目にある、名古屋鉄道三河線。駅番号はMU08manacaが使用可能である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式1面2線の地上駅である。当駅では列車は右側通行となる。駅集中管理システムが導入された無人駅であり、知立駅から遠隔管理されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 三河線 上り 碧南行き
2 三河線 下り 三河高浜刈谷知立方面

配線図[編集]

北新川駅 構内配線略図

刈谷・
知立方面
北新川駅 構内配線略図
碧南方面
凡例
出典:[4]


駅周辺[編集]

新川町7号踏切[5]に残る地蔵尊標柱。標柱には「き志ゃにちゆいすべし」「大正十五年八月建之」とある。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は3,032人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中141位、 三河線(23駅)中15位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は3,046人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中139位、 三河線(38駅)中12位であった[6]
  • 『愛知県統計年鑑』によると1日の平均乗車人員は、2006年度1,351人、2007年度1,378人である。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線
高浜港駅 - 北新川駅 - 新川町駅

バス路線[編集]

碧南市からの委託により、名鉄知多タクシーが運行する運賃無料の市内巡回バス

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ a b c d 新實守 『写真で見る三河線誕生百年』 新實守、2015年、124頁。
  3. ^ 『名古屋鉄道・変電所のあゆみ』 名鉄エンジニアリング、1997年、37頁。
  4. ^ 川島令三、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第4巻 豊橋駅 - 名古屋エリア』、p.26、 講談社、2009年6月、ISBN 978-4062700146
  5. ^ 新實守 『写真で見る三河線誕生百年』 新實守、2015年、28頁。
  6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

関連項目[編集]