藤岡洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hiroshi Fujioka
Fujioka1.PNG
基本情報
出生名 藤岡洋
生誕 福岡市中央区
学歴 法政大学経済学部卒業
担当楽器 作曲編曲作詞ギターキーボード三線
レーベル FONA JAPAN
事務所 Clumsy Music

藤岡 洋(ふじおか ひろし)は、日本音楽家作詞家作曲家編曲家ギタリスト日本音楽著作権協会会員。

呼名:YOH(ヨウ)、ヨウ・フジオカ、Jammy(ジェイミー)。

なお、同じ読み(同音異字)の藤岡弘、とは無関係である。

人物・概要[編集]

1993年、NHKのミニ番組テーマソング[1] 制作をきっかけに作曲家としてデビュー。その後、TV主題歌、CM音楽、映画音楽、様々なシンガーへの楽曲提供、企業ビデオパッケージ用の音楽制作等に携わり、著名ミュージシャンの楽曲にも参加している。また、サポートギタリスト・コーラスとして多数のレコーディングやライブに携わっている。特に沖縄ミュージシャンとの交流が深く、さまざまな沖縄音楽に参加している。ジャンルはJ-POPをはじめ、RockR&B演歌沖縄音楽ワールドミュージックなど。 自身もバンド活動を経て、1999年[Deji-fra](徳間ジャパン)や2000年[MAD ALICE](ポニーキャニオン)でバンドデビュー経験を持つ。現在もCM音楽を始めシンガーへの楽曲提供などを中心に、ボイストレーナーバックミュージシャンとして活動している。2019年から三貴哲成(旧:三好鉄生)バンドのリーダー、サウンドプロデューサーとしても活動。Clumsy Music代表。

携わった音楽業績[編集]

TVテーマ音楽や映画音楽など[編集]

以下の経歴には客観的に確認できない情報を含んでいます。
  • 沖縄テレビ「OTVスーパーニュース」内のコーナーのテーマ曲
  • NHK「わが街のローカル線」の主題歌、エンディングテーマ曲[2]
  • 映画「シベリア超特急」主題歌、エンディングテーマ曲「戻らないロマンス」(唄:藤吉じゅん、作詞:水野晴郎、作曲:野々村直造、編曲:藤岡洋・西込加久見)(1996年)
  • Vシネマ「マモル」(1997年) 発売元(株)JVD 音楽担当
  • 読売テレビダウンタウンDX」エンディングテーマ曲 (1997年)
  • 映画「NOEL 」の主題歌制作[3]
  • TBS系笑林寺2エンディングテーマ曲(2004年)
  • 山脇学園校歌のweb用サウンド制作(2008年)
  • 小学館アカデミーTVCM(2006年)[要出典]
  • 東京電力TVCM[要出典](2006年)
  • NEDO技術開発機構TVCM[要出典](2007年)
  • FUJIFILMお正月向け店頭用VP(2010年)
  • NTTドコモ体温ハートVP(2010年)
  • オートバックス地デジカー店頭用VP(2010年)
  • オートバックス店頭用VP(2011年-2013年)
  • ひかり陵苑テレビCM[4](2016年)
  • CarbellテレビCM、ラジオCM(2020年)


参加楽曲CD (オンライン(音楽)配信)[編集]

  • NAVIDの配信アルバム[LITTLE BUTTERFLY]の[LITTLE BUTTERFLY](作曲/編曲)<HPY Entertainment>2012/12/26〜リリース
  • NAVIDの配信アルバム[LITTLE BUTTERFLY]の[スキだった](作詞/作曲/編曲)<HPY Entertainment>2012/12/26〜リリース
  • NAVIDの配信アルバム[LITTLE BUTTERFLY]の[ひざまづいて](作曲/編曲)<HPY Entertainment>2012/12/26〜リリース
  • 運天那美の配信single ONE DAY(作詞/作曲/編曲)<78LABEL>2012/03/28〜リリース
  • 運天那美の配信single[リアル](作曲/編曲)<78LABEL>今野敏の電子書籍Fakeのテーマ曲、2011年リリース
  • 沢竜二のアルバム[男の激情]に収録の[ラップ・石松](作曲)<テイチクエンタテインメント>(2009年)
  • 綾小路きみまろfeat.マリア[やってられな〜い]の編曲<テイチクエンタテインメント>(2006年)
  • AREAのデビューシングル[DIZZY LIFE](作詞/作曲/編曲、TBS系笑林寺2エンディングテーマ)<代官山 RECORDS>(2004年)
  • Survivёのセカンドシングル[アイタイヨ~Love of my life~](作詞/作曲/編曲)(2007年)
  • ミヤギマモルのマキシシングル[がんばれ](編曲)
  • ミヤギマモルの3rdアルバム[琉球風物詩]に収められている「のえる~TIMUGUKURU 」(編曲)
  • 千葉マリアのマキシシングル[春を信じて](編曲)
  • 児島亜紀のマキシシングル[夢のYOKOHAMA](編曲)(2006年)
  • Love Marines(野崎亜里沙らのアイドルグループ)のマキシシングル[Your eyes](作詞/作曲/編曲)<ガウスエンタテインメント>(2002年)
  • Meviusのデビューシングル[アイタイヨ~edge of my love~](作詞/作曲/編曲)<ガウスエンタテインメント>(2001年)
  • Mad Aliceのデビューシングル[Pleasure Pleasure](作詞/作曲/編曲)(2000年)
  • Mad Aliceの2ndシングル[Magneto-Optical LIFE](作詞/作曲/編曲、テレビ東京系ドライブA GO GO(現在はドラGO!)エンディング曲)(2001年)
  • Vivicaのデビューシングル[DAZE](作詞/作曲、読売テレビダウンタウンDX」エンディングテーマ曲)<キングレコード>(1997年)
  • Vivicaのセカンドシングル[HEARTじかけのLOVEを歌おう](作詞、日本テレビモグモグGOMBO」エンディングテーマ曲)<キングレコード>(1998年)
  • Deji-fraのデビューシングル[いんじゃない]<徳間ジャパンSIXBEAT RECORDS>(2000年)
  • Deji-fraの2ndシングル[魔法の月]<徳間ジャパンSIXBEAT RECORDS>(2000年)
  • Hazukish Eyesのデビューシングル[メモリーデイズ]<国際貿易>(2001年)
  • Hazukish Eyesの2ndシングル[魔法の月](サウンドプロデュース)<国際貿易>(2002年)
  • Hazukish Eyesの3rdシングル[Peaceful](サウンドプロデュース)<国際貿易>(2005年)
  • シューベルトまつだの1stアルバム[シューベルトまつだのうちなーそんぐ]<Flower Hall Music Works>(2008年)
  • シューベルトまつだのマキシシングル[さーたーあんだぎーのうたワールドバージョン]<OFFICE MATSUDA,Flower Hall Music Works>(2008年)
  • 阿麻和利健の2ndアルバム[情唄]<Flower Hall Music Works>(2008年)
  • オムニバスCD[サウンドインテリア沖縄]にYOH名義でソロ参加<キングレコード>
  • オムニバスCD「カジヌユンタク~沖縄夢つづり~」にHazukish Eyesで2曲参加<キングレコード>
  • オムニバスCD「わした島OKINAWA~いまいちばん新しい風」にHazukish Eyesで4曲参加<キングレコード>(2004年)
  • 那覇国際通りテーマソング[メモリーデイズ](作詞/作曲/編曲)<国際貿易>(2001年)
  • 今西香織のマキシシングル[SONG FOR LOVERS](作詞/作曲/編曲)<NECアベニュー>
  • かぎ花バンドのマキシシングル[ばっしらいん宮古島](作曲/編曲)<国際貿易>
  • 琉紫音のミニアルバム[うるわしの桜][カーチーベー](編曲)(2016年)
  • MICAHの1st世界配信音源[Your Brand-new Self](作詞/作曲/編曲)
  • 下地暁のアルバムにギターで参加(2019年)
  • 下地美波のソロシングルのアレンジ(2020年)
  • 三貴哲成(旧:三好鉄生)の[願いが叶う](編曲/サウンドプロデュース)<フリーボード>(2019年)

バックバンドとバックコーラスとしての実績 (ライブ含む)[編集]

以下の経歴には客観的に確認できない情報を含んでいます。
  • 三好鉄生(現:三貴哲成)のバックコーラス、ギター、バンマス担当(2019年〜)
  • Mayumi from rainforestのギター、バンマス担当
    • 佐田真由美が高校時代に所属していた事務所で組んだJ-POPバンド。
  • 神座(Kagura)のギター担当
  • Vivicaのギター担当
  • 島田沙羅のギター担当
  • キューティーセーラーズ(河村理沙織原奈未湯原麻利絵らのアイドルユニット)のバックバンド(ギター担当)
  • Deji-fraのギター、サウンドプロデュース
    • Deji-fraは1999年に徳間ジャパンsixbeatレコードからデビューしたJ-POPユニット。テレビ東京の「輝け!ソングラ天国」、「ソングラ」では、冷やし中華やホストをテーマにした楽曲を披露し、2回のグランプリを獲得する。「Chinese Cool Girl~ヒヤシチューカの想い出~」という楽曲が、オムニバスCD「ソングラ トリビュート Vol.0」(2001.02.21 OMCA-3001)にも収められている。
  • Hazukish Eyesのギター、三線、ボーカル、サウンドプロデュース
    • Hazukish Eyesは2001年に行われた、那覇国際通りテーマソングコンテストのグランプリ受賞をきっかけに結成された沖縄ポップスユニット。3枚のCDをリリース。[5]
  • Mad Aliceのギター、サウンドプロデュース
  • 阿麻和利健アーケーズのギター担当
    • 沖縄ポップスの阿麻和利健のバックバンド「アーケーズ」のギタリストとして2007年から参加。2008年5月にリリースしたCDではサウンドプロデュースもてがけている。
  • 南十字星のギタリスト、三線、ボーカル
    • 沖縄&ワールドポップスユニット。
  • Yo-Raのギター担当
    • 沖縄系ロックユニット。
  • 第28回[ニューイヤー・ロック・フェスティバル内田裕也]
  • オリオン・ビアフェスト in 宮古島
  • 那覇市民会館「Deji-fraちむどんどんライブ」(ワンマンライブ)
  • 那覇まつり
  • 那覇ハーリー
  • アララガマフェスタ(上野水上音楽堂)
  • 命どぅ宝・平和世コンサート(上野水上音楽堂)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • RBCiラジオ「下地暁のわいわいワイドー」
  • RBCiラジオ「岩ちゃんのビタミンラジオ」
  • FM沖縄ハッピーアイランド
  • FM沖縄「TommyのぬちぐすいNIGHT」
  • FM沖縄「リポーズアフターアワーズ」
  • FM沖縄「for PM」
  • FM長崎「極楽メガヘルツ」
  • ラジオ沖縄「ぐーだじょー」
  • FM小金井「daycrazeのサウンドキッチン」(2011年〜2012年までパーソナリティを務める)
  • FMさせぼ(はっぴぃ!FM)「YO YO YOKARO」(2015年)
  • FMびざん「田岡批呂子の大人の上質」(2020年)

雑誌[編集]

ビデオ[編集]

  • VIVICAの「DAZE」のプロモーションビデオ(楽曲提供)
  • AREAの「DIZZY LIFE」のプロモーションビデオ(ギター演奏シーン)
  • MAD ALICEの「PLEASURE PLEASURE」のプロモーションビデオ
  • HAZUKISH EYESの「ユンタク〜第一楽章〜」のプロモーションビデオ
  • 神座の「かじりかけのリンゴ」のプロモーションビデオ(ギター演奏シーン)
  • Micahの「Your Brand-new Self」のプロモーションビデオ(ギター演奏シーン)
  • 三貴哲成(旧:三好鉄生)の[願いが叶う]の通信カラオケ用本人映像及びプロモーションビデオ(ギター演奏シーン)

その他の参加[要出典][編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]