那覇ハーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
那覇ハーリー

那覇ハーリー(なはハーリー)は、沖縄県那覇市で毎年ゴールデンウィークの3日間行われる行事で、規模は数ある県内の行事でも最大規模である。 海上での競漕とあわせて、陸では3日間を通じて多彩な催し物がある。ハーリーイベント開催中の3日間は、花火が打ちあがられることになっている。

ハーリー(爬竜)は約600年前に中国から伝わったとされており、爬竜船(はりゅうせん)を漕ぎ競い合うことで国(琉球)の泰平民安を願う。漕ぎ方は、遊び漕ぎ、勝負漕ぎがある。漁を生業する村ではの安全や豊漁を祈願するものである。那覇以外の沖縄各地(八重山列島を含む)でも行われており、本来の実施日である旧暦5月4日に開催される事が多い。

また、一般競漕決勝・御願バーリー・本バーリーは沖縄テレビで生中継される(同局も主催者であるため)。

概要[編集]

  • 主催:那覇ハーリー実行委員会
  • 開催場所:那覇港 新港埠頭
  • 開催日:ゴールデンウィークに重なる3日間
  • 開催回数:31回(2005年度現在)
  • 来場者数:約22万3千人(第31回)

主なイベント[編集]

  • オープニングセレモニー
  • 沖縄テレビ制作のテレビ中継・テレビの公開録画
  • 県内出身者による音楽ライブ
  • スポーツ大会
  • 子供ショー
  • の乗船体験
  • 中学生PTA・一般競漕(1日目)
  • 無料体験乗船(2日目)
  • 一般競漕・御願バーリー・本バーリー(3日目)
  • 音と光のファンタジー(花火・3日連続)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]