若槻幾斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩槻 幾斎
人物情報
別名 義敬・敬[1](名)、子寅(字)、元三郎[2]・源三郎[3][4]・玄三郎[5](通称)、畏庵・寛堂・尊朱堂[6]・楮園[1](号)
生誕 森誠
延享3年12月(1747年1月頃)
摂津国大坂または紀伊国田辺
死没 文政9年11月26日1826年12月24日
山城国愛宕郡聖護院村京都府京都市左京区
配偶者 平氏
両親 森義敏、芝山持豊
子供 若槻整斎
学問
時代 江戸時代後期
活動地域 大坂、京都
学派 崎門学派
研究分野 儒学
研究機関 尊朱学舎
指導教員 西依成斎芝山持豊
主な指導学生 摩島松南井上学圃
主要な作品承応遺事』『畏庵随筆』『四書集註中国語版翼』
影響を
受けた人物
陸隴其中国語版
影響を
与えた人物
尾藤二洲頼春水高山彦九郎蒲生君平
テンプレートを表示

若槻 幾斎(わかつき きさい[8])は江戸時代後期の儒学者歌人崎門学派京都聖護院村に尊朱学舎を構え、尾藤二洲頼春水高山彦九郎等と交流した。

生涯[編集]

大坂[編集]

延享3年12月(1747年1月頃)大坂に生まれたが、紀伊国田辺出身ともされる[9]。大坂時代には森誠と称した[10]。幼くして読書を好み、父の下で四書の注釈書等を学んだ[9]。父と死別後、良師を探したが見つからず[11]、独学して崎門学に私淑した[7]有賀長因に和歌を学んだ[12]

安永年間江戸に出て、田沼意次に仕官を求めたが、意次失脚により頓挫した[4]

京都[編集]

天明5年(1785年)京都に移り[4]聖護院村字中御門に家を構えた[10]。上京後は若槻氏を称し、近所の堺町通望楠軒で西依成斎に崎門学を学んだ[13]

天明8年(1788年)1月天明の大火により聖護院光格天皇行宮となり、自宅も行在所御用局として接収され、白川村に退いた[4]。自宅は禁裏付建部広般役宅となった後、局方・大輔・新輔・宰相局・勾当内侍・勧修寺頭弁等に利用され、遷幸時は京都所司代太田資愛が入居していた[4]。2年後遷幸により聖護院村に戻り、聖護院宮から白銀10枚を賜った[4]

角倉家属吏だったが、後に退職して儒学を教えた[14]寛政3年(1791年)3月15日高山彦九郎に従って芝山持豊に面会し[15]、以降和歌会や『源氏物語』講釈に参加し、経書講義や門人和歌の添削を行った[16]。同年春、自宅を「朱子の学を尊ぶ」の意で尊朱学舎と号し、伏原宣条に扁額を賜り、自身は幾斎と号した[17]

文化文政期には[17]青蓮院宮近衛家鷹司家九条家西洞院家中山家六条家風早家西大路家富小路家桜井家等へ出講し[18]内藤正範にも『中庸』『論語』を講義している[19]。文化9年(1812年)4月2日京都西町奉行三橋成方から学業勉励により銀15枚を賜った[20]。文化14年(1817年)9月仁孝天皇が即位した際、12月詔に応じて[14]代始能に開口謡を献上し[21]、金200疋を賜った[22]

上京当初は経済的余裕があったが、晩年は困窮し、学舎の壁・畳・板張り等がボロボロになっていた[23]文政9年(1826年)11月26日81歳で死去した[6]鳥辺山旧延年寺墓地に「若槻寛堂先生之墓」があったが、近年撤去された[22]

著書[編集]

和歌・漢詩[編集]

それ久堅の 天照す おほん神より 伝へます 天津日嗣は 弥増に 栄まし/\ 天地と ともに尽くせす 光そふ 聖の道も 明らけく いく万歳 動きなき やまともろ人 なす業も 安く楽しく 所得て 愛たかりける 御代とかや

— 『若槻幾斎関係資料』21「禁裏御所御代始御能御用開口作文」[22]

おほけなく道をとなへてふる鈴のなるもならずも天のまに/\

— 寛政3年(1791年)7月18日[36]九州に下る高山彦九郎に贈った送別歌[37]

邪説 世を惑はすと雖も
聖道 尚猶存して
昭々 日月に比し
浩々 乾坤に準ず
因りて充ちて一心豁けば
乃ち万理の元を闡き
能く礼義の実を履めば
自ら徳性の尊きを見る
来らんと欲す 鳳凰の和
当に鴟鴞の喧しきを避くべし

— 『与楽園叢書』「若槻父子詩抄」の内「述志詩」[38]

絵画[編集]

交友[編集]

弟子[編集]

親族[編集]

若槻頼隆19世孫を称する[9]。12代式部大輔義里は永禄元年(1558年)室町幕府を致仕、元亀元年(1570年)死去し、以降官仕が途絶えたという[1]

  • 父:森義敏[1] - 名は俊[要出典]、字は子睿[9]宝暦9年(1759年)7月没[9]
  • 母 – 芝山持豊[1]
  • 妻 – 平氏[9]明和3年(1766年)結婚[9]
  • 養子:若槻整斎 – 名は皜・邦貞、字は子光・見良、通称は菊太郎・延蔵[52]。明和7年(1770年)1月生[9]天保7年(1836年)5月13日没[50]。『与楽園叢書』巻之25「若槻父子詩抄」に和歌・漢詩が収められる[12]
  • 養孫:若槻義信 - 初名は皞。寛政7年(1795年)8月生[14]
  • 養曾孫:若槻周斎 - 義信の甥[14]建仁寺寺務所書記[14]

幾斎の遺稿類は周斎を経て[53]建仁寺塔頭両足院に渡り[21]京都府立総合資料館に『若槻幾斎関係資料』として所蔵される[54]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 松本 2013, p. 58.
  2. ^ a b c 近藤 1943, p. 41.
  3. ^ 阿部 2007, pp. 114-115.
  4. ^ a b c d e f 松本 2013, p. 62.
  5. ^ 阿部 2007, p. 107.
  6. ^ a b 近藤 1943, p. 38.
  7. ^ a b c d e 松本 2013, p. 61.
  8. ^ 広瀬蒙斎が「毅斎」と誤記している[7]
  9. ^ a b c d e f g h i 近藤 1940, p. 1.
  10. ^ a b c d e 松本 2013, p. 60.
  11. ^ 松本 2013, p. 59.
  12. ^ a b 松本 2013, p. 73.
  13. ^ 松本 2013, pp. 62-63.
  14. ^ a b c d e f g h 近藤 1940, p. 2.
  15. ^ 阿部 2007, p. 114.
  16. ^ 松本 2013, p. 74.
  17. ^ a b c d 松本 2013, p. 64.
  18. ^ 松本 2013, pp. 73-74.
  19. ^ 松本 2013, pp. 64-65.
  20. ^ 松本 2013, p. 65.
  21. ^ a b 湯本 1908, p. 60.
  22. ^ a b c 松本 2013, p. 66.
  23. ^ 松本 2013, p. 83.
  24. ^ a b 松本 2013, pp. 70-71.
  25. ^ a b c 近藤 1943, p. 40.
  26. ^ 近藤 1943, pp. 40-41.
  27. ^ 松本 2013, pp. 71-72.
  28. ^ 音韺”. 古典籍書誌データベース. 西尾市岩瀬文庫. 2018年12月8日閲覧。
  29. ^ a b 松本 2013, p. 68.
  30. ^ 松本 2013, p. 67.
  31. ^ a b 近藤 1943, p. 39.
  32. ^ 松本 2013, p. 82.
  33. ^ 松本 2013, p. 69.
  34. ^ 松本 2013, p. 70.
  35. ^ 阿部 2007, p. 108.
  36. ^ 阿部 2007, p. 116.
  37. ^ a b c 松本 2013, p. 78.
  38. ^ 松本 2013, p. 84.
  39. ^ 出品リスト 幽霊と妖怪の世界―福岡市博物館所蔵旧吉川観方コレクション―八代市立博物館・未来の森ミュージアム、2004年。
  40. ^ a b c d 松本 2013, p. 77.
  41. ^ 松本 2013, pp. 74-75.
  42. ^ a b c 松本 2013, p. 75.
  43. ^ 松本 2013, p. 63.
  44. ^ 阿部 2007, pp. 114-116.
  45. ^ 松本 2013, p. 76.
  46. ^ 阿部 2007, pp. 114-117.
  47. ^ 阿部 2007, p. 117.
  48. ^ a b c 松本 2013, p. 79.
  49. ^ a b c d e f g h i j 松本 2013, p. 80.
  50. ^ a b 岡 1940, p. 17オ.
  51. ^ a b c 松本 2013, p. 81.
  52. ^ 高山彦九郎記念館.
  53. ^ 松本 2013, p. 85.
  54. ^ 古文書解題 「わ」から始まる文書”. 京都府の歴史 [総合資料館]. 京都府 (2007年11月30日). 2018年12月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 湯本文彦『先哲墨宝』乙、芸艸堂、1908年12月。NDLJP:852838/38
  • 楠本碩水原輯、岡直養補訂『崎門学脈系譜』巻三、晴心堂、1940年8月。NDLJP:1139284/56
  • 近藤杢「若槻幾斎について」『伝記』第7巻第3号、伝記学会、1940年3月。
  • 近藤杢「若槻幾斎とその著書」『斯文』第22巻第4号、斯文会、1943年4月。
  • 阿部邦男「山陵志に対する同志の協力の実態 小沢蘆庵・泰深・畠中頼母・若槻幾斎の場合」『日本学研究』第10号、金沢工業大学日本学研究所、2007年12月。
  • 松本丘「隠儒 若槻幾斎の研究」『藝林』、藝林会、2013年10月。
  • 高山彦九郎記念館データファイルNo.2”. 太田市立高山彦九郎記念館. 2018年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]