聖書に登場する女性の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

聖書に登場する女性の一覧(せいしょにとうじょうするじょせいのいちらん)は、聖書に登場する女性の一覧である。

旧約聖書[編集]

創世記[編集]

出エジプト記[編集]

ヨシュア記[編集]

士師記[編集]

  • デリラペリシテ人サムソンの愛人。サムソンの怪力の秘密をペリシテ人に知らせ、売り渡す) 士師記 16:4
  • デボラ(女性の預言者、バラクとともにカナン王ヤビン及びその将軍シセラをやっつける) 士師記 4:4
  • ケニ人ヘベルの妻ヤエル(預言どおりにシセラを殺害)
  • 士師エフタの娘(エフタがアモン人を倒すために主に請願をたてたため、彼女自身が生贄になった)

ルツ記[編集]

サムエル記[編集]

列王記・歴代誌[編集]

その他(預言書など)[編集]

新約聖書[編集]

四福音書[編集]

使徒言行録[編集]

  • サッピラ(サフィラ、アナニアの妻、アナニアと共に聖霊を欺いて土地の代金をごまかし、死に至る) 使徒行伝 5:1
  • タビタ(ペトロによって生き返る) 使徒行伝 9:36
  • ルデヤ(リディア) (紫布の商人) 使徒行伝 16:14
  • プリスキラ(アクラの妻) 使徒行伝 18:2

パウロ書簡・公同書簡[編集]

旧約聖書外典[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ エステルという女性は歴史上の人物ではない。『エステル記』は前3~前2世紀に書かれた民族主義的傾向の強い短編小説であるとされている。<出典:『レクラム版 聖書人名小事典』74頁。>
  2. ^ ヘロディアの娘の名前は聖書には記されていない。

出典[編集]

  1. ^ 『新約聖書』フランシスコ会聖書研究所訳注。マルコ(14:3) 167頁注(3)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 新共同訳新約聖書 日本聖書協会
  • 口語訳新約聖書 日本聖書協会
  • 口語訳旧約聖書 日本聖書協会
  • 『新約聖書』フランシスコ会聖書研究所訳注、中央出版社、改訂初版1984年。
  • ハンス・シュモルト 著、高島市子 訳 『レクラム版 聖書人名小事典』 創元社、2014年9月20日初版。

外部リンク[編集]