マルタ (マリアの姉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イエスの接待に立ち働くマルタと説教に聴き入るマリア(画:フェルメール)

マルタ(ベタニアのマルタ)またはマルファは、新約聖書に登場する女性キリスト教聖人。マルファは日本ハリストス正教会での読み方。ベタニアに暮らし、ラザロマリアと共にイエスと親しかった[1]。イエスが彼らの家を訪れた記述は、ルカによる福音書10:38-42、ヨハネによる福音書11:1-40、12:1-11などに見られる。記憶日は7月29日[1]

イエスを迎えた時のマルタとマリアの態度の違いは、伝統的に「観想的生活」と「活動的生活」とを表すものであると考えられて来た[2]。(マリア (マルタの妹)#マルタとマリア参照。)

新約聖書にマルタの死にまつわる出来事は書かれていないが、中世頃よりプロヴァンス地方で宣教したとする伝承がある。マルタの聖遺物は1187年にタラスコンで発見された[2]

絵画などで表現される場合、聖書ないし聖人伝の記述が含まれた図像で描かれ、ひしゃく、箒、鍵束などを持つ。また、主婦や手伝いをする姉妹の守護聖人とされる[2]

これとは別に、マルタを象徴する図像にドラゴンがある。これはタラスコンに表れたドラゴンにマルタが聖水を飲ませ、サッシュを巻いて捕らえたという伝承による[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 黄金伝説3, pp. 56-57
  2. ^ a b c d The Oxford Dictionary of Saints, "Martha" (Kindle版:16520-16535)

参考文献[編集]

  • ヤコブス・デ・ウォラギネ、前田 敬作(訳)、西井 武(訳)、2006、『黄金伝説3』、平凡社〈平凡社ライブラリー〉 ISBN 978-4582765823
  • Farmer, David (2011). The Oxford Dictionary of Saints, Fifth Edition Revised (Oxford Quick Reference). OUP Oxford.  (Kindle版)

関連項目[編集]