マリア (クロパの妻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア (クロパの妻) - ヴェネツィア

クロパの妻 マリア新約聖書の内、『ヨハネによる福音書』でイエスの磔刑を見守る場面に登場する女性のひとりで、イエスの母マリアの姉妹である可能性がある。[注釈 1]

「クロパの妻マリア」は新約聖書中で『ヨハネによる福音書』のただ1箇所[注釈 2]にしか登場しない。 他の福音書で十字架の下に居たマリア (小ヤコブとヨセの母)と同一人物と考えられたり、サロメ (イエスの弟子)や、また或はゼベダイの子らの母と同一人物と見做されることもある。[要出典] 福音書の版、或は訳により「クロパの妻マリア」と「イエスの母マリアの姉妹」とを別人と読むこともできる。

また「クロパ」とは、『ルカによる福音書[注釈 3]に登場するクレオパと同一人物ではないかとする考えもあり、更に「クロパ」の名は、アラム語「アルファイ」をギリシャ語に直したものではないかとの説もある。[要出典] この考えに従えば、クロパの妻マリアは十二使徒の一人に挙げられるアルファイの子ヤコブの母であり、「小ヤコブとヨセの母マリア[注釈 4]と同一人物とも考えられる。[要出典] 更には、クロパの妻マリアはイエスの母マリアの姉妹であるから[注釈 5]、アルファイの子ヤコブ或は「小ヤコブ」はイエスの従兄弟と云うことになる。[要出典]

この考えを採り、『マルコによる福音書[注釈 6]、『マタイによる福音書[注釈 7]でイエスの「兄弟」として名を挙げられている「ヤコブ」はこれと同一人物で、イエスの従兄弟であると言うのが、カトリックでの公式な解釈となっている。[要出典]

「クロバ」と表記されることも有る様だが、ヨハネの福音書の共同訳、口語訳では、「クロパの妻マリア」、新改訳では、「クロパの妻マリヤ」となっており、「クロパ」とするのが自然である。[要出典]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヨハネ19:25
  2. ^ ヨハネ19:25
  3. ^ ルカ24:18
  4. ^ マルコ15:40
  5. ^ ヨハネ19:25
  6. ^ マルコ6:3
  7. ^ マタイ13:55

出典[編集]

関連項目[編集]