ナタナエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナタナエル英語:Nathanael)は、新約聖書ヨハネの福音書に登場する人物である。バルトロマイと同一人物であるという説がある。

ナタナエルはガリラヤカナの生まれである[1]。12弟子のピリポによってイエス・キリストを紹介されたが、彼はナザレからメシヤが出るとは信じなかった。しかし、彼がイエスに会うと、すでにイエスは彼を知っており、いちじくの下にいるのを見たと聞き、彼はイエスが神の子であると信じ告白した[2]。そして、イエスの12弟子の一人になったと言われる。

イエス・キリストの復活後に、キリストにガリラヤ湖で出会った。

脚注[編集]

  1. ^ ヨハネの福音書21章2節
  2. ^ ヨハネの福音書1章45節-51節

参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年