アグリッパ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アグリッパ1世

アグリッパ1世(Agrippa I、紀元前10年? - 44年)は、ローマ帝国に公認された古代ユダヤの統治者(在位:37年 - 44年)。ヘロデ・アグリッパ1世とも。本名はマルクス・ユリウス・アグリッパス新約聖書の『使徒行伝使徒言行録)』で「ヘロデ王」として言及されるのは彼のことである。

略歴[編集]

幼少期はローマで暮らしており、当時の皇帝ティベリウスの息子ドルススとともに育てられ、仲がよかったが彼や自分の母ベレニケの死後、金遣いの荒さで生活に困り、中東にわたり叔父であり義理の兄弟(アグリッパの姉妹ヘロディアと結婚していた)であるガラリヤとペレア領主ヘロデ・アンティパスや、親友だったシリア総督のフラッコスを頼るが、結局双方ともアグリッパと関係が悪化して追い出される形となり、再度ローマに戻って母の友人でもあった小アントニアに借金を立て替えてもらうなどして対処し、この恩義もあってその孫にあたるガイウス(以下、よく知られたあだ名のカリグラで表記)に敬意を払うが、ある時口を滑らせカリグラを褒めているうちにティベリウスの悪口を言ってしまい、それが本人の耳に入ったことで牢屋に入れられてしまうものの、半年ほどでティベリウスが死んだ(紀元後37年の事)ことで、次の皇帝になったカリグラによって釈放されただけではなく、34年に死亡した叔父のヘロデ・フィリッポス(彼には子供がいないため領地はシリア属州に編入されていた)が治めていたトラコニティス、ガウラニティス、バタナイア(現在のシリア南部~ヨルダン王国北部)の領主として認められ、さらに39年にアンティパスがパルティアと組んでローマに対し謀反を企んでいると告発し、カリグラから追放された叔父のガリラヤとペレアの統治権も得る。

そして41年にカリグラが暗殺された際にも、軍隊が新皇帝と支持したクラウディウスが帝位につけるように協力し、彼からも領主の地位を認めてもらっただけではなく、ユダヤ・サマリアイドマヤの支配を任されることになり、祖父ヘロデ大王が治めたのとほぼ同じ版図(厳密には北に飛び地のカルキスとアビラの領土があるのでやや広い)を統治することになった。

しかし、ユダヤの地(狭義)が彼の支配下にあったのはわずか3年ほどで、紀元44年彼は死亡する。死亡状況の記述は『使徒言行録』12章19-23節と『ユダヤ古代誌』19巻343-352節にあり、細かい記述が違うが骨子は同じで「カエサリアでアグリッパが式典に豪華な衣を着て出た際、その場にいた人々が彼を神のようだと称え、本人も特にそれをとがめたりしないでいた所、突然体調が悪化して死に至った。」というものである。

彼の死亡時に長男のアグリッパ2世でさえ17歳であったため、その地位をすぐに継承することは認められず、ローマはユダヤを一時総督の管轄下におき、アグリッパス2世には48年にカルキス領から順に与えられるものの、そのすべてを受け取る前にユダヤ戦争が始まって完全な継承は最後まで行われなかった。

人物評価[編集]

『使徒言行録』ではアグリッパ1世はファリサイ派に迎合して当時はまだユダヤ教の一分派であった初期キリスト教のグループを迫害。ゼベダイの子ヤコブを捕らえて殺害し、ペトロを投獄しているなど恐ろしい人物とされ、上記の死も尊大な態度で居たので天使が死を与えたとされる。

『ユダヤ古代誌』では若い頃から金遣いが荒かったが、祖父のヘロデ大王と逆の穏やかな性格で少なくとも最初のうちは謙虚で信心深く、カリグラが自分の偶像をエルサレムに立てるように命じた時やめるように説得したり、律法に反したことをしているととがめられたときは素直に何がまずかったのか聞き入れるなどしていたとされるが、ユダヤ人以外からはよく思われてなかったことも書かれており、「彼の死亡時にカイサリアとセバステの街の人々がそれを祝った」としている。

もっとも、彼は自国領以外ではヘレニズム文化も重要視しており、べリュトス(フェニキアにあったローマ植民地)では剣闘士闘技場を立てたり[1]、自国領内でもヘレニズム文化の強いカエサリアとセバステのどちらか(あるいは両方)で、少なくとも一般市民の手に届く位置に自分の娘の像を立てていた[2]ともヨセフスは評している。

参考文献[編集]

  • 『使徒言行録』第12章全般
  • フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌』第18巻143-256・289-301節、第19巻236節以後。
  • E・シューラー『イエス・キリスト時代のユダヤ民族史II』第18節「アグリッパI世」、古川陽 安達かおり 馬場幸栄訳、株式会社教文館、2012年。(P206-220)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ユダヤ古代誌』の第15巻274-275節に「ユダヤ人達からは剣闘士の試合は不敬虔で不信仰なものとされた」という意味の記述があるのでヘレニズムに理解を示していなければわざわざ建設させない。
  2. ^ フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌』第19巻357節。