アンナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンナス(Hannas)は、古代ユダヤの大祭司である。

紀元6年にクレニオによって大祭司に任命されて、紀元15年に退位させられた。しかし、ユダヤ人の考えでは大祭司職は終生であり、退位以後も大きな影響力を持っていたので、新約聖書では退位の後も大祭司として登場する。

バプテスマのヨハネの活動の開始は、アンナスとカヤパが大祭司の頃であったとルカによる福音書は記している。[1]また、ヨハネによる福音書によると、カヤパがイエスを訊問する前に、アンナスが訊問している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ ルカによる福音書3章2節
  2. ^ ヨハネによる福音書18章13節、24節

参考文献[編集]

執筆の途中です この項目「アンナス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。