レプタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レプタ古代ギリシア語: Λεπτά[1])は、ギリシア世界で古代から用いられている通貨単位。新約聖書に出てくる貨幣の内で最小単位の銅貨である。マルコではローマ通貨のコドラントを使って、2レプタが1コドラント[2]にあたることを説明している。

逸話[編集]

エルサレム神殿イエス・キリストが、貧しいやもめがレプタ銅貨2枚を神殿に捧げたのを見た時に、この貧しいやもめは誰よりもたくさんの献金をしたと語られた。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 単数形はレプトン古代ギリシア語: Λεπτόν
  2. ^ 1コドラントは当時のローマ帝国の銭湯の一回分の入浴料である。
  3. ^ マルコの福音書12章41節-44節、ルカの福音書21章1節-4節

参考文献[編集]

関連項目[編集]