紀元前352年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前370年代 前360年代
前350年代
前340年代 前330年代
前355年 前354年 前353年
紀元前352年
前351年 前350年 前349年

紀元前352年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ポプリコラとルティルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元402年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前352年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ギリシア[編集]

  • マケドニア王ピリッポス2世は、フォキス勢に対する攻勢に2度失敗したあと、クロコスの戦い (Battle of Crocus Field) で大勝利を収め、フォキス勢を南方へ追い落とした。フォキス方に加勢するアテナイスパルタの軍勢が到着すると、ピリッポスはテルモピュライで侵攻を止めた。アテナイ勢がこの狭隘な路を占拠したため、ピリッポスはギリシア中央部へは侵入しなかった。フォキス方の将軍オノマルコスは、傭兵たちへの支払いに充てるため、デルポイの神殿の秘宝を略奪していたが、ピリッポスはクロコスにおける勝利によって、アポローンの名における正当な復讐者としての立場を得た。討ち死にしたオノマルコスの遺体は磔にされ、捕虜となったフォキス勢は、神殿を略奪した者への儀礼的処刑として溺死させられた。
  • ピリッポスは、次にトラキアへと転進した。トラキア侵攻は成功し、この地の支配権を掌握し、トラキア王ケルソブレプテス (Cersobleptes) の息子を人質として連れ去った。テッサリアにおける勝利によって、ピリッポスは、テッサリア同盟の盟主(アルコン)となった。
(以上のできごとは紀元前353年にあったとする見解もある[1]。)

中国[編集]

  • の軍が襄陵を包囲していたの連合軍を撃破した (襄陵之戰)。斉の威王に仲介を依頼し、楚は景舎を派遣して講和を求めさせた。魏の恵王は斉や宋と会合した。
  • の大良造の商鞅が魏を攻撃し、安邑を包囲して降した。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ Word Dynamo: Battle of Crocus Field”. Dictionary.com, LLC. 2012年12月16日閲覧。

関連項目[編集]