紀元前306年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前320年代 前310年代
前300年代
前290年代 前280年代
前309年 前308年 前307年
紀元前306年
前305年 前304年 前303年

紀元前306年は、ローマ暦の年である。当時は、「トレムルスとアルウィナが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元448年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世初期以降、この年は紀元前306年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

キプロス[編集]

シリア[編集]

  • アンティゴノス1世は自身を小アジア及びシリア東部の王と称し、アンティゴノス朝を開始した。アンティゴノス1世はデメトリオス1世を王として指名し、共同統治を行った。

シチリア[編集]

エジプト[編集]

  • アンティゴノス1世は、キプロス島での勝利に続いて、大軍を率いてエジプトを侵攻したが、プトレマイオス1世は前線を守り切った。しかしこの出来事は、プトレマイオス1世にもはや海外を侵攻する力はないことを示した。

トラキア[編集]

中国[編集]

  • 昭襄王向寿に宜陽へと進駐させ、樗里疾甘茂の皮氏を攻撃するよう命じた。
  • 秦の甘茂がに武遂を返還するよう昭襄王に勧め、向寿と公孫奭がこれに反対したが、昭襄王は甘茂の意見を採用した。
  • 秦の甘茂は向寿や公孫奭らの讒言を受けて不安を抱き、魏の蒲阪を攻撃する計画を取りやめて、亡命した。樗里疾が魏と講和して撤兵すると、甘茂はに逃れた。
  • 武霊王中山国を攻撃し、寧葭に達した。さらに西方の胡地を攻略し、楡中に達した。
  • 林胡王が趙の武霊王に馬を献上した。
  • 趙の武霊王が遠征から帰国すると、楼緩を秦に、仇液を韓に、王賁をに、富丁を魏に、趙爵を斉に派遣した。武霊王は代の宰相の趙固が掌握している胡兵を呼び寄せた。
  • 楚の懐王が斉や韓と同盟を結んだ。

誕生[編集]

死去[編集]