紀元前351年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前370年代 前360年代
前350年代
前340年代 前330年代
前354年 前353年 前352年
紀元前351年
前350年 前349年 前348年

紀元前351年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ペティクスとクリスピヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元403年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前351年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ペルシア帝国[編集]

ギリシア[編集]

  • デモステネスは、傭兵への依存をやめ、かつてのような市民軍の考え方に立ち戻るよう、アテナイ市民の説得を試みた。デモステネスは、最初のピリッピカマケドニア王ピリッポス2世を激しく糾弾した一連の演説)をこのとき行ない、マケドニア勢の攻勢はピリッポスの健康状態の悪化でにぶり、アテナイは助かるだろう、と信じるのは愚かだと警告した。この演説を受けて、アテナイは投票によって武装の強化を決めた。

共和政ローマ[編集]

中国[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]