紀元前391年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前410年代 前400年代
前390年代
前380年代 前370年代
前394年 前393年 前392年
紀元前391年
前390年 前389年 前388年

紀元前391年は、ローマ暦の年である。

当時は、「フラウウス、メドゥリヌス、カメリヌス、フスス、マメルキヌス、マメルキヌスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元363年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前391年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ペルシア帝国[編集]

ギリシア[編集]

シチリア[編集]

共和政ローマ[編集]

中国[編集]

  • 宜陽を攻撃し、六つの邑を取る。
  • 大夫田和が斉の康公の姜貸を海上の孤島に追放し、食邑として城を1つだけ与えられ、祖先の霊を祀ることとされた。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]