紀元前314年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前330年代 前320年代
前310年代
前300年代 前290年代
前317年 前316年 前315年
紀元前314年
前313年 前312年 前311年

紀元前314年は、ローマ暦の年である。当時は、「リボとロングスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元440年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前314年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

マケドニア帝国[編集]

ギリシア[編集]

共和政ローマ[編集]

  • 共和政ローマと対立し戦い続けていたサムニウム人たちが、ローマに対し優勢になる。カンパニア勢がローマに迫る。ローマと、サムニウムのいくつかの町の間で和睦が結ばれる。

中国[編集]

  • 義渠を攻撃し、25城を奪った。
  • が秦との同盟を破ったため、秦は魏に侵攻し、曲沃を奪い、住民だけ魏に返した。
  • 秦がを岸門に攻撃し、韓の太子倉が人質として秦に入国して講和した。
  • の宰相の子之が国政の実権を握って3年、太子平と公子職が子之を討つべく挙兵したため、燕は内乱状態になった。が公子職を救援することを名目に内戦に介入し、子之と燕王噲は殺害された。

誕生[編集]

死去[編集]

出典・脚注[編集]