紀元前324年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前340年代 前330年代
前320年代
前310年代 前300年代
前327年 前326年 前325年
紀元前324年
前323年 前322年 前321年

紀元前324年は、ローマ暦の年である。当時は、「クルソールによるド独裁の年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元430年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前324年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

マケドニア[編集]

東征中のマケドニア王国国王アレクサンドロス3世インド遠征より旧ペルシア中心部に帰還し、バビロンにて新帝国の体制作りをはじめる。融和政策をさらに進めるため、スーサにてマケドニア人兵士とペルシア人女性との集団結婚式を実施[1]。両国の融合を図る。また、軍隊や行政にペルシア人のマケドニア人との対等な登用を進めた。

中国[編集]

  • 張儀を攻撃し、を取る。
  • 蘇秦易王の母と密通し、王はそれに気づく。蘇秦は恐れ、王に「私は燕に居ては、燕を重くすることができません。斉にいればできます。」と言った。易王はこれを許した。蘇秦はこれを機に、に亡命し、威王の客となる。

誕生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「カラー世界史百科」p67 平凡社 1978年4月26日初版第1刷